2018年07月

2018年07月28日

新型クラウン 走行中にテレビ

IMG_2365相変わらず純正ナビは走行中にテレビが見れません。ナビの操作もできません。まぁ安全のためとはいえ、頻繁に渋滞に巻き込まれる都内でテレビが見れないのはなかなか厳しいものです。これまでの車もみんな解除してきましたが、今回もやりました。ちなみに前のクラウンは納車前に担当営業がちゃちゃっと解除してくれたのですが、東京トヨペットはコンプライアンスが厳しくなったようで今回は店外じゃないと無理とのこと。そんじゃぁ久々に自分で内装ばらしてやっちゃおうかとなったわけです。

FullSizeRender昔のナビだと、パーキングブレーキラインをアースに落として・・・と簡単なものでしたが、あまり面倒なのも嫌だったで配線は既製品を調達。といっても既に数社から出ている新型クラウン用の配線キットですが、メーカーも足元を見ているのか値段もピンキリ。結局1万円程度で売られているものを買ってみました。ちなみに同じ方式のナビはレクサスLC/新型LS/後期型NX/後期型RC。この新しい世代のナビは、ナビ操作もパーキングブレーキしか見ていないので昔のようにスピードセンサーをカットする必要なし!にも関わらず、メーカーによってはスピードセンサーをスイッチでカットしたりする従来型を「オートタイプ」「切替タイプ」とか言って配線キットを高値で売っている有様。全くひどいものです。新型クラウンのナビは、単にパーキングブレーキを騙せばテレビも見れるしナビの操作も可能。その機能に特化したシンプルな配線のキットがおすすめです。

IMG_2369でもってさっさと取り付けようとしていたのですがこの酷暑で作業する気になれず・・・一応バッテリー端子を外して取り付けることが推奨されているので、当然のことながらエンジン停止=エアコン停止。無理です。夏は。と思ったらいきなり雨が来たので、気温が下がったタイミングで一気に取り付けました。夜なので写真も暗いわけですが、まずは上のモニター手前のパネルと、下のモニターの下部のパネルを取り外し、上下2本ずつのネジを外します。そしたら下側の画面ごと手前に引いて裏側のコネクタを加工。たまーに全然外れないコネクタとかありますがクラウンのナビ裏のコネクタはちゃんと爪外せば簡単に抜けました。そして配線キットはなぜかコネクタを分解して組み立てるタイプ。2個のコネクタをそれぞれ加工して元通りにし、テストドライブしたら無事にテレビが映ってナビの操作も可能!蚊に刺されながら所要時間15分といったところです。それにしても・・・もういい加減この変な習慣やめませんかね?さすがにナビのメニューでテレビが見れるよう設定変更できる、だと簡単すぎるかもしれないけど、ナビ本体裏側にDIPスイッチとか付けて簡単にTV映るようにしませんか?ダメかなぁ。

kenjiz at 23:36|PermalinkComments(0)  

2018年07月22日

新型クラウン デジタルインナーミラー

デジタルインナーミラー今日は嫁の運転で東名でお出かけですが、デジタルインナーミラーは助手席側からも後ろが見えるので慣れれば便利ですね。よくパトカーとかが運転席用と助手席用と2つのミラーをつけていたりしますが、デジタルミラーなら1つでOKです。画像のように、後ろからランボルギーニが迫ってきてるな、というのが助手席側からも分かる仕組み。画質はもうちょっと頑張ってRatinaディスプレイくらい高精細にしてほしかったし、やはり夜間にまぶしい車がいるとハレーションもよく抑えられてはいますがでも見にくい時もあったり、あと雨が降ると水玉のせいかちょっと視界が遮られるときが無くもありません。ただ大きな問題ではないので十分に活用しています。通常のミラーモードにも切り替えられるのですが、私の今のところずっとデジタルモード。さっさとこれに慣れてしまおうと思っています。

カメラちなみにリア用のカメラはトランクについていて、バックモニタ用のカメラと2個並んでいます。こんなのうまくすれば1個で済むだろうに・・・。ついでに言うとドラレコ機能で常時録画とかしてもらえたらさらにGOOD。中国人が思いついてすぐに実現しちゃいそうなアイディアですが、トヨタも躊躇なく工夫でやれることやってほしいです。

kenjiz at 23:15|PermalinkComments(0)  

2018年07月19日

新型クラウン 全車速ACCとLTA

路肩認識中私が今回買い替えた最大の理由でもある全車速ACCですが、メインスイッチをONにしてSETを押すとその速度で追従が始まるのはこれまでと同じ。ただし操作はレバーではなくハンドルのボタン。これはどっちでも良いかもしれません。ただVWのACCはメインスイッチなどなくいつでもSETできたので、それはそれで良かったと思います。ACCにわざわざON/OFFスイッチはもういらない気もします。そしてレーントレーシングアシスト(LTA)を有効にしておくと道路状況によりハンドル制御も開始されます。車の画像の両側に水色のレールみたいなのが表示されているときは、路面の左右の線を認識して自動でハンドル制御しているよ、ということ。この状態がベストで、カーブがきつくなければ完全に手放しでハンドルが勝手に動いて走り続けます。渋滞の時も同じで、線が消えていたりしなければ手ぶら運転可能です。道路の線がはっきりペイントされる必要性が今後増すと思いますね。

先行車追従中そして路面のラインが認識できていないと、今度は前の車に追従しようとします。メーターの左右のレールが消え、全車との間に白の点線が表示されます。この前車追従モードはまだ登場間もない新技術ですが、信頼性の点では1ランク落ちます。うまくいけば前の車にちゃんとついていきますが、前の車が左右どちらかによるとつられてしまうので路肩に接近したりしますし、そもそも前の車の中心を正確にとらえられないことも多く、自分だけ片側によってしまうこともしばしば。これが意図的な制御なのか能力の限界なのかは正直分かりませんが、前車追従モードだとハンドルから手を離せるとしてもごく短時間です。

LTA警告中そしてもし、ハンドル手放し運転をしばらく続けると、画像の様に「LTAハンドルを保持して下さい」と警告が表示されます。そのままで放置すると「LTA操舵支援停止」の表示とともに自動ハンドルは解除。ですので警告が出たらハンドルを軽く突っつく必要があります。路面の線を認識中の高速道路だと20秒に1回くらい、カーブが多いと警告間隔は短めになり、逆に渋滞中で止まったり進んだりを繰り返しているとしばらく警告がなかったりもします。10km/h以下だとハンドル警告は出ないので、激しい渋滞の時は完全ハンズオフが可能です。ただし完全に停車して数秒経つと停止保持モードになるので、再スタートはボタン操作が必要。要するにいくら自動でも居眠りはできないということです。まぁでも、現時点ではなかなかうまくできているのではないでしょうか。改善リクエストをするとしたら、

・ACC動作中以外にもセンサーの認識状態をメーター内に表示してほしい
・先行車との車間距離や先行車の速度等、付加的な情報も表示できるようにしてほしい
・前車追従モードのLTAのハンドル精度をもっと上げてほしい

の3点くらいでしょうか。あと非常に細かいことを言うと特定条件で不自然な動作をすることがありまし。プログラムの煮詰めが甘い感じ。でもまぁ、現時点では十分によくできているシステムだと思います。

kenjiz at 23:06|PermalinkComments(0)  

2018年07月14日

新型クラウン納車

納車10年ぶりの買い替えとなったマイカーが納車されました。新型クラウン、RS Advancedです。走行距離は6kmからのスタートです。今回はトヨタが予約受付する前、5月頭にオーダーを入れておくという先手を打っておいたのですが、なんとディーラー担当者が仕様を間違えて発注するというミスをやらかし万事休す。発覚した時は店長以下が勢ぞろいして頭下げに来て、店内でこっちが恥ずかしかったです。ディーラーは濁しますがオーダー順番抜かしという裏技を使った模様で、本来の仕様で約1週間のみの遅れで納車となりました。来週はちょっと遠出の予定があるので乗り回してみたいと思います。マイカーの前車は先々代のクラウン、そして会社の先代クラウンも乗っているので歴代クラウンユーザーとしての感想になりますが、第1印象としては、

・デザイン
十分に良いと思います。マイカーで先代クラウンを見送ったのは下矢印の形をした巨大なグリルのせいでしたが、今回のクラウンは違和感もなくカッコよい部類になると思います。RS系なのでリアの4本出しマフラーもなかなかです。一時期ハイブリッドからはマフラーを隠す傾向にありましたが、4気筒ハイブリッドで4本出しにした選択も興味深いですね。

・グレード構成
今回のクラウンはロイヤル系とアスリート系を廃止したわけですが、結局G系とRS系が残るという微妙な結果です。トヨタはアスリート系が売れている=購入者はスポーティな味付けを好んでいる、と判断しているようですが、私の本心は見た目アスリート、中身ロイヤルが理想。これは昔からです。見た目はスポーティでカッコよいのがイイわけですが、足回りがスポーティなのは全然求めてません。なにしろ都内をノロノロ走るだけですからね。結局今回も、見た目でRS系を選んだわけですが、装備的にはG系にしか装備されていないものが欲しかったです。RS系の最上位グレードであるRS Advancedを選びはしましたけど、オートドアクロージャーとかリアドアサンシェード、リアシートリクライニングはG系を選ばないと装備できません。この3点はRS Advancedにはつけてほしかったですね。

・エンジン
RS Advencedグレードには3つもエンジンの選択肢があります。3.5ハイブリッド、2.5ハイブリッド、2.0ターボです。今更ガソリン車は求めてないのでターボは最初に外しますが、3.5か2.5か。もちろんパワフルなのは結構なことですが、3.5HVはトヨタのサイトで発進加速力がダントツという魅力的な記載があるにもかかわらず、同じエンジンを積むLEXUS LCやLSの評判が今一つという残念な結果。しかもV6-3.5は旧世代で燃費が悪く(レクサスLSの3.5ツインターボは新世代V6)、ハイブリッドのスマートさが今ひとつです。半面、先代クラウンの2.5HVの燃費の良さ、スタート時のモータートルク力については十分に知っていたので無難にそちらを選択しました。ちなみに良くも悪くも2.5HVは先代と変わっていません。宣伝文句としては世界最高レベルの熱効率で、パワーUP&燃費向上ということになっていますが、乗っている限り変化は感じませんし、ガソリン満タンで航続可能距離が1000km超えるあたりも同じです。

・その他
やはりこれまでのクラウンと大きく違うのは自動運転系です。先代クラウンはアダプティブクルーズコントロール(ACC)が付いてはいましたが40キロを下回ると解除されるという高速道路専用仕様でしたし、パーキングブレーキも足踏み式。新型クラウンは当然のように全車速対応ACCで電動パーキングブレーキです。また、先代では同時装着できなかったパノラミックビューモニタとインテリジェントパーキングアシストが同時装着可能なのもポイント高い!結局、都内だと走りを楽しむような運転を合法的にすることは無理ですので、ハイテク装備を使いながらラジコンのようにコントロールする、という運転の仕方に楽しみを見出すしか無いということかもしれません。あとしきりに宣伝されている「コネクティッドカー」ですが、私の10年前から乗っていた先々代のクラウンにもDCMが付いていてほとんどの機能はとっくに実現済み。残念ながら全く目新しくありません。

・・・とまぁ第一印象はこんな感じ。少し乗ってみて何か変わるところがあるか楽しみです。ちなみに、これまで個人で購入した車を並べてみると、

1.GZ20ソアラ・直6 2000ccツインターボ 185ps
2.JZZ30ソアラ・直6 2500ccツインターボ 280ps
3.UZS171クラウン・V8 4000cc 280ps
4.GRS200クラウン・V6 2500cc 215ps
5.AZSH20クラウン・直4HV 2500cc システム総合226ps (エンジン184ps+モーター143ps)

とまぁ、求めるパワーも落ち着いてきた感じ。免許取って25年で5台目というのは少ないですね。

kenjiz at 23:14|PermalinkComments(0)  

2018年07月01日

ドライブレコーダー

ドライブレコーダークルマを買ったので、ドライブレコーダーを取り付けようと思っています。既に新車を買う人はほとんどつけているそうです。私の機種選定の条件としては、(1)画質は極力きれいなこと、(2)前後の撮影が可能なこと、(3)駐車中の当て逃げに撮影が可能なこと、(4)自宅駐車場に止めているときに自宅WiFiに接続して動画を引き抜けること、の4点です。で、4番目の条件がなかなか厳しく、見つけたのはPITTASOFTという会社のBlackVUEという製品。フルHDのDR-750S-2CHを買った後に4Kモデルが出ていることを知り、DR-900S-2CHを買い増ししてしまいました。ただ、900Sは高温に弱いとかいう情報もあり、この猛暑でどうしたものかといったところ・・・。ちなみにディーラーからも純正ドラレコをサービスされていて、そちらは標準で駐車中の衝撃検知撮影が可能らしいのでそれはそれでつけてもらっています。さてどうしましょうか。

kenjiz at 23:17|PermalinkComments(0)