2017年11月

2017年11月23日

金浦空港近くのサウナ

無料バス先日シンガポールに行ったのは久々の韓国発券でした。なにしろ日本で日帰り運賃買うとべらぼうに高いですからね。というわけで、航空券消化にまた日帰りソウルに行って来たわけです。本当は乗ってきた飛行機でそのまま帰れれば良いのですが、金浦は一度入国が必要だし、次の便のチェックインに間に合わなかったら面倒なので、お昼到着夜出発で予約してます。JL91便とJL94便です。ただ、最近金浦空港もいろいろと工事していて乗り継ぎルートもできているようなので、もしかしたら入国せずにとんぼ返りもできるのかもしれません。そのあたりはまた調べてみたいと思っています。で、羽田から91便でソウルに向かいますが、時刻表では787のはずなのになぜか機材は767でした。つまりビジネスクラスの座席がちょっとしょぼいわけです。とはいえ、1Kの席で隣は空きという十分な快適さでソウルに到着しました。入国も待ち時間ゼロ、預け荷物無し、税関も素通りという、降りてから5分経たずに出口にたどり着きます。最近仁川は入国がめちゃめちゃ混んでいて1〜2時間待ちは当たり前ということなので、やはり日本から行くのは金浦一択です。

サウナで、外も寒いしソウルにそんなに行きたいところもないので、今回はサウナでゴロゴロして体を休めることにしました。金浦空港近くのサウナで検索すると2つ出てきます。1つは「ケファサンランド (開花山ランド)」という地下鉄1駅のところ、そしてもう一つは「ゴルフポート炭窯チムジルバン」という空港無料巡回バスで行けるところです。なら当然無料バスの方を選びます。地下鉄は1駅といっても、駅までがやたらと歩きますからね。で、国際線ターミナルの出口を出たら正面にそれらしきバスが止まっています。運転手に、「これサウナ行く?」って聞いたら頷いたので(笑)とりあえず乗って出発。ちなみにソウルナビには「大韓航空貨物庁舎(デハンハンゴンファァムルチョサ)停留所で下車」って書いてあるのですが、バス内の案内図をよく見ると「Golf Town/Sauna」っていう停留所があります。ちなみに途中の大韓航空のオフィス前でバスの運転手が「5分後に出るから!」といって休憩に入ったのはビビりましたが、ちゃんと5分後に出発。そしておいらのために停留所ではなく、サウナにいく横道の正面にバスを止めて、「ここ入って奥を右に行けばサウナって書いてあるよ!」と丁寧に教えてくれました。しかも「帰りはあっちの停留所から乗れるから」と帰りの案内まで。や、優しいな韓国人。で、言われた通りテクテク歩いてゴルフ場の駐車場に入ると、打ちっ放しのネットの下が駐車場になっていて、その一部にサウナがありました。

image初めてのサウナに入るときはちょいドキドキしますが、どこにでもいるおばちゃんがカウンターにいました。「ちむじるばん!」って言ったら、「japanese?」と見抜かれたので「yes!」って答えると「YOU Handsome!」と先制攻撃されてウォンを徴収されました。あとチムジルバンの服渡されるときに、105で良い?って聞かれたのですが、ウエスト90もないよ、って言ったらいやいやいやいや、だそうです。何のサイズか結局分からずじまいでしたが、105でちょうど良かったです。何の数字だこれは。そして中に入ればサウナはどこでも同じ作りです。ここは仮眠室が男女別になっている代わりにがっつり真っ暗で、夜寝るには良いかも。結局お風呂に2回入ってゴロゴロしながらネットとかしてたらあっという間に夕方となり、行きの運転手に教えてもらったバス停で待つこと10分、このバス停にはバスがどこ走っているかも表示されるモニターがあり、バス到着前には音声案内までされるという親切さ。あっという間に国際線ターミナルに戻り、帰りのJL94便をチェックイン。席は1Aでまたしても隣は空席。帰りはちゃんと787でシェルフラットネオシート。飛行機でもまたゴロゴロしてたら羽田に到着。自宅に帰還いたしました。というわけで、金浦空港からサウナ行くならアクセス考えてゴルフ場の方がおすすめですかね。あとは金浦の乗継については情報収集したいと思います。

kenjiz at 23:05|PermalinkComments(0) 旅行 

2017年11月19日

日帰りシンガポール

image海外日帰りはこれまでも何回もありましたが、今回は一番遠いシンガポールに行って来ました。よくマイレージ稼ぎでシンガポール往復する話を聞いたことがありますけど、最近はどうなんでしょうね?私の目当ては友人とお茶することで、日本、中国、インドネシアから日本人3人が合流することになりました。土曜夜に嫁に羽田まで送ってもらい、夜12時過ぎに飛行機出発です。運良く最前列ビジネスクラスが取れたのですが、席に着いたときに隣のアメリカ人に挨拶したら、彼がいきなり「7 hours 45??」とか言ってきます。長時間フライトだよねと言いたいのでしょうけど話しかけ方が唐突過ぎる。。どっから来たの、と聞いてみると、メンフィスからロス経由で乗り継いでシンガポール行きは3便目だそうで、20時間かかると言ってました。だからどうだというわけでもないのですが、アメリカ人はすぐ他人と会話したがりますね。

imageで、夜行便なので出発したらすぐに寝て、起こされたら着陸1時間前。食事して到着して入国です。ちょうど中国国際航空も北京からほぼ同時に到着してバゲージクレームで友人その1と合流。そのままタクシーでバクテー(肉骨茶)の店に行ってゆっくり朝食。その後マーライオンあたり散歩してからGrabで一旦空港に戻り、インドネシアからの友人その2と合流。結局その後は空港でべらべらおしゃべりして中華とか食べて、私は先に出発。残念ながらシンガポールからの帰国便が取れず、クアラルンプール便も満席で、取れたのはジャカルタ便。。。ということでマレーシア航空でジャカルタへ飛びます。ジャカルタ乗り継ぎは1時間ほどしか無かったので入国無しで乗り継ごうとしますが、乗り継ぎカウンターは無人。。。待っても誰も来ず、セキュリティに係員呼んでもらったら彼が私のパスポート預かって代わりにチェックインしてきてくれました。なんていうかちょっと危ないですけどね。あとは係員のエスコートでラウンジまでたどり着き、無事に成田行きに搭乗。帰りもフルフラットのSkySuiteだったので離陸前から熟睡。起こされたら成田到着1時間前と、全く疲れを残さず帰国しました。成田でシャワーしてそのままバス1本で会社へ。なかなか有意義な?日曜日でした。

kenjiz at 23:59|PermalinkComments(0) 旅行 

2017年11月10日

OCNモバイルONEが使えない件

しばらく前からOCNモバイルONEをいくつか試しに契約してみているのですが、あまりのデータ通信速度の遅さにびっくりです。なんでOCNにしたのかというと、単にNTT-Comの既存の請求書に集約できる(=クレカとか不要なので清算も不要)というだけなのですが、大手だけあって評判も悪くなさそう、ということで選んでみました。SIMフリーのモバイルルータにさして使ってみています。で、実際に使ってみると、都内だと1Mbpsすら出ないことがほとんど。地方に出張に行ったときに、場所によっては10Mbps近く出る場合もあるのですが、たいていは1Mbps行けばよい方、という状況です。うーん、厳しいですね。3GB/月の契約なのですが、時々外出時に使うだけだとスピードが遅すぎて全然使いきれません。ちなみに嫁は最近mineoを使い始めたのですが、そちらは普通に使えているみたいです。MVNOって、まぁ安いから仕方ないのかもしれませんが、大手キャリアの法人契約レートを考えると、むしろそっちの方が良い感じ。私の会社は複数のキャリアと相対契約していますが、某キャリアとの契約はスマホで月額880円で通話し放題、パケットは別途100円/1GBです。月に3GBだとすると1180円/月だけ。MVNO真っ青な料金設定です。まぁ、大手キャリアは端末を売り捌かないといけないのでそれはそれで大変とは思いますが、大手が本気出したらMVNOなんてあっという間に吹っ飛んでしまうわけですね。なんというか、携帯料金は将来どう変化していくのか全然予測できませんが、わくわくするような変化が起きてほしいですね。

kenjiz at 23:14|PermalinkComments(0) IT 

2017年11月07日

P-01J

P-01J私が半年前に機種変更したガラホ、SH-01Jですが、最近頻繁に2つ折りが勝手に開いてしまう症状が起きています。いったん始まるといくら閉じても勝手に開くし、テーブルの上に置いていたらいきなりバコッと開いたりします。ネズミ捕りみたいです。そこで修理中にドコモが提供してくれたのがP-01Jなのですが、これがまた使いやすい!!SH-01Jの電話帳の使いにくさはAndroidのせいかと思っていたのですが、P-01Jでは問題なくサクサク動きます。当初端末評価を行ったときは、担当者曰くどちらもほぼ同じ、ということだったのでGSMに対応しているSH-01Jを標準機として選定したのですが、日常の使い勝手はどう考えてもP-01Jの方が圧勝ですね。国内で使用する分にはGSMなんて関係ないのでなおさらです。というわけで、ドコモのガラホの推奨はP-01Jということにします。

kenjiz at 23:14|PermalinkComments(0) IT 

2017年11月05日

Sprintと海外ローミングの話

スプリントとTモバイルの統合が破談したようですね。ソフトバンク的には、今までインフラを一気に強化したところで主導権を譲り渡すのは惜しかった、という感じでしょうか。でも数年前にソフトバンクのアメリカ放題が始まったころは、アメリカ行ってもスプリントの携帯網はかなり貧弱でびっくりしたものですが、毎回アメリカ行くたびに目に見えて電波状況は改善されていき、今ではたいていの場所では電波ばっちり入ってアメリカ放題の恩恵を十分に受けられます。それだけでもiPhoneをソフトバンクにしておくメリットがあると言えるくらい。まぁ流石に夏に日食見に行ったときはかなり田舎だったので、AT&Tに完敗していましたけどね。でもソフトバンクの注力の効果は十分に出ていると思います。

ちなみに海外ローミングの話をすると、ドコモは最近、海外1day定額という申込必須な新プランを展開していて、キャンペーンと言いながら24時間1000円以下で使い放題を実現しています。対象の国が限られるのですが、これはこれで良いですよね。アメリカ放題のように対象端末の制限もなく、ガラホでも利用できました。なのでアメリカはソフトバンク、中国はドコモでローミングするのが現時点のベストです。24時間1000円以下だと、レンタルルータもかないませんからね。いずれ、料金をたいして気にしないほどにローミング料金下がっていくのでしょうか?そうなることを期待したいです。

kenjiz at 23:54|PermalinkComments(0) IT 

2017年11月02日

Cisco Start WAP150

2017-10-26-07-31-50最近急にラインナップが充実してきたCiscoStartシリーズですが、安価なWiFiのAPが欲しかったのでいくつか買ってみました。CiscoのAironetは気づけば大半がコントローラー配下で使うモデルになってますし、最新規格準拠だと1台で20万とかします。Merakiだともうちょい安いのもありますが、維持費が高い。ちょうど前回の中国出張時にAironet1142を現地で1万円くらいで買ってみたら偽物でもなく正真正銘の本物だったので、これくらいで十分なんですよね。そこで、CiscoStartでWAP150という2万円のAPがあるので試しに買ってみました。

結論から言えば通常の用途には十分。PoEに対応しているのにACアダプタ同梱というのも好感持てます。設定はGUIですが、4台までなら1台で集中管理可能。おまけにパケットキャプチャなど機能も豊富。ということで、法人向けとしては比較的安価だけど安定しないYAMAHAのAPなんぞ使う必要ありません。WAP150で十分です。ただWAP150は802.11acのwave1対応なので、wave2が必要ならWAP571ですね。こちらは5万ほどするのと、電源がPoEでは足らずにPoE+が必要です(とはいえ、PoEだけでも機能制限モードで稼働)。なかなかCiscoStartも侮れませんね。小規模な営業所に導入するには十分かもしれません。


kenjiz at 23:04|PermalinkComments(0) IT