2016年02月

2016年02月23日

香川訪問

瀬戸大橋先週末、友人の結婚式があって香川県まで行ってきました。失礼ながら直前まで行くかどうか迷ったのですが、マイレージで航空券が取れたので日帰りでさくっと往復です。朝起きたら着の身着のままで車で羽田へ。チェックインしてからラウンジでシャワーして目を覚まして搭乗。香川はあいにくの天気ですが、到着して前乗りしていた友人と合流し、レンタカーでとりあえずうどん屋へ!まずは「山越うどん」ですが、いつも長蛇の列なのに天気が悪いせいか待ち時間ゼロ!次に「たむら」へ。同じようにハシゴしている客とまた遭遇。そしてちょっと離れた「中村うどん」へ。その後瀬戸大橋まで行って写真撮ったりしますが、小雨もぱらつく微妙な天気。といってもうどんの行列が少ないだけで十分です。そして午後に空港で着替えてから友人結婚式へ。久々に再会する共通の友人などもいたりしてワイワイ騒いで、夜の便で帰京しました。やはり泊まらなくて正解でした。丸亀製麺が全国展開している今、わざわざ香川まで食べに行く価値があるかどうか微妙ですが、別件で訪問する際にはまたうどんツアーやりたいところです。

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2016年02月15日

Let's Note SZ5

Let's Note SZ5わたくしの上司が持ち歩いているLet's Noteですが、もう購入から5年以上経っていてスピードが遅いのを我慢して使っている模様・・・。ということで買い換えてもらいました。常にPCを持ち歩いていてとにかく軽いのが良い、ということなので、SZ5をチョイス。約850gという軽さで、届いたときは流石に驚きです。ほんと中身がすっからかんに思えるくらいの軽さ。バッテリーを装着しても全然大したことがありません。NECも軽量モデルをそろえていますが、DELLやlenovoは1kg切りのクラムシェルがありませんよね。世界的にみると軽量モデルはほとんど需要がないようですが、ぜひ日本向けに軽量モデルを各メーカーに頑張って開発してもらいたいです。

kenjiz at 23:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)IT 

2016年02月07日

Dyson V6 Fluffy+

Dyson V6 Fluffy+わたくしは実家を出てから掃除機を買ったことが1度も無くて、最初は親戚から譲ってもらったものを使っていました。でも数年で排気が臭くなってきたので今は会社用として利用しています。そして2台目は友人からもらった日立のサイクロンタイプ。サイクロンって言っても、どう見てもゴミを遠心分離している様子はなく、結局ティッシュをフィルターとして使って頻繁にゴミ捨てが必要なイマイチなタイプ。いえイマイチどころか、すぐにフィルターが詰まって吸引力が落ちるので、むしろ普通の紙パック式の方がどう見ても良いというひどいものでした。これも気づけば10年近く使っていたのですが、流石にもうちょっと進化させようということで、コードレスタイプの掃除機に買い換えました。Dyson V6 Fluffy+です。公式サイトの通販は9万円越えですが、約6万円で入手。早速使ってみますが、こちらはティッシュを挟む必要もなく、ゴミが目に見えて溜まっていくので良いですね。ていうかきれいに見えるところを掃除してもゴミがたまっていくのはちょっとコワいですね。嫁にまかせっきりではなく自分でも掃除してみたいところです。

kenjiz at 23:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月05日

出張終わり

昨日、ホテルで目覚めてからは大忙し。とりあえず朝食してから荷物のパッキング。今回の米国出張は機材の回収とかもあって、行きよりも帰りの荷物が断然多いです。あと、前日にウォルマートで買込んだものもいろいろと。パルメザンチーズなんて日本の半額以下で買えますからね。で、スーツケースに詰め込んでみますが、どうにも収納不可・・・ということで捨てるつもりだった段ボール箱にも洗濯物とか入れて、持って帰ることにしました。スーツケースにキャリーバッグに段ボール箱という3点セットでホテルをチェックアウトし、LAXまで車を飛ばします。Google MapでもWazeでも約50分とのことで、I-405ではなくI-5から91Westを通るルートで車を進め、無事にLAXのHertzにたどり着きました。シャトルバスに乗ってトムブラッドレーへ。バスの運転手が Terminal B とか言っていたけど、略し方ちがくね?とか突っ込み入れつつJALのカウンターに到着して、例の段ボール箱を改めてパッキングしてチェックイン。いつも通りカンタスのFラウンジに行ってランチでもしようかと思っていたら、コンベクションが壊れていてコールドミールしか出せないとか言い出します。な、なんだよそれー。結局フルーツだけもらってそのまま搭乗。成田までの長い長いフライトを経て、帰国しました。ちなみに帰国便の乗務員たちは、わたしが先週シンガポール行ったときに同じ日にシンガポール行きで乗務していたそうです。あちらさんも激務ですね。

で、成田入国してWiFi返却しますが、半年前と違って、ロサンゼルスエリアはSprintのエリアが充実していて、SoftBankのローミングだけでも結構いける感じでした。レンタルWiFiはVerizonだったのですが、場所によってはSprintの方が電波入ったくらいです。孫さんががんばっているんですかね?こうなってくると、アメリカ行く人はアメリカ放題がかなり便利ということになります。そして例の段ボール箱だけは宅配便で送って、自宅までどうするか・・・リムジンバスの時間が微妙だったので迷っていると、京成スカイライナーがあと3分で出発です。ダメ元で京成のホームまで行ってみると、ドアが閉まる5秒前くらいにホームについてぎりぎりスカイライナーに飛び乗れました。もちろん特急券とか買ってないので車内で車掌から買って、あっという間に日暮里へ。予定より早く家に帰れました。1週間ぶりの自宅です!でもやっぱ出張は続かず適度な間隔が欲しいですね!

kenjiz at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2016年02月03日

フェニックス出張

TO PHX今日はオレンジカウンティからフェニックスへ日帰り出張です。昨日チェックインしたアナハイムのダブルツリーで朝食して、車でジョンウェイン空港へ。少し渋滞していましたが30分かからず到着。ターミナルまで歩ける場所に車を置けるのはとっても良いです。LAX発じゃなくて大正解でした。車を止めたらキオスクでチェックインして帰りの分の搭乗券もまとめて受け取り、ワンワールドエメラルド特権でセキュリティもプライオリティレーンであっという間に搭乗ゲートへ。ここでUSオフィスの担当者と合流します。ここからアメリカ人とずっと一緒なわけですが、がんばって英語しゃべりますが頭がかなり疲れます。しばらくして搭乗しますが、出発前にCAがアナウンスしていて、どうやら米軍兵士が乗っているらしく乗客みんなで感謝の拍手。愛国心ってやつでしょうか。そのまま離陸し、2時間ほどで初めてのフェニックス空港に到着しました。

ここで日本から来た取引先と合流し、あとわたくし用に準備してもらった通訳さんとも合流。ベテランっぽいおばちゃんでしたけど、今日はサンノゼから来たんだとか。通訳と合流してからは脳もちょっと休めつつ日本語でトーク。空港でランチしてからタクシーで今回の目的地であるデータセンタに到着しました。データセンタは基本的にどこでも変わり映えしませんが、耐震への考え方だけは大きく違います。このフェニックスのデータセンタは、サーバラックは床に置いているだけで固定も何もしていませんでした。日本基準ではちょっとこれはまずいですね。でも他は一通りしっかりしており、夕方までいろいろと見て回ったり質問攻めにしたりして、帰りはUberで呼んだミニバンで空港に戻ります。1本前の便に間に合いそうだったので変更の交渉をしますが、$75と言われて諦め、アドミラルズクラブで持ち込んだ夕食食べて、夜9時半にオレンジに戻りました。帰国前日なのでそのままウォルマートに行っていろいろと買い物。ホテルに戻ったのはかなり遅く、すぐ寝ました。明日はいよいよ帰国です!

kenjiz at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2016年02月02日

アーバインオフィス訪問

CHRYSLER 300アメリカ滞在2日目ですが、今日はホテルを移動するので朝食後にチェックアウト。送迎車で空港のレンタカーカウンターまで送ってもらいます。レンタカーを1日分節約するため、到着日だけは空港から無料送迎のあるホテルに泊まったというわけです。で、早速レンタカー借出しの手続きをしますが、Hertzで初めて日本の免許証もチェックされました。本来国際免許はただの翻訳ドキュメントなのでライセンス証書としては日本の免許で正しいのですが、今までチェックされたことがなかったわけです。で、いざ出発しますが一番安いグレードを予約したにもかかわらず待っていたのはクライスラー300です。迫力あるマッスルカー・・・といってもレンタカーグレードですので、ただのV6・3600ccでした。早速車でアーバインのオフィスへ向かいますが、なんと私以外にも日本からの出張者がいました。なんかこう、同時期の同じ場所への出張者の情報共有の仕組みとかあっても良いように思いますが、どうなんでしょうね?ちょっとおしゃべりしていたらもうお昼で、ちょうどランチミーティングがあるというのでわたくしもそこに潜り込み、メキシカンのタダ飯にありつきました。で午後からこのオフィスの訪問目的であるミーティング。なんだかんだと白熱して2時間ほどかかり、今後もコミュニケーションを密にしましょう、ということで終了。わたくしは早めにオフィスを後にしました。

DoubleTreeでもって今日から泊まるのはアナハイムのダブルツリーです。たまたまここが安かったので予約しますが、チェックインしようとするとどこかに電話した挙句、「部屋をアップグレードしたいんだけどまだ掃除が終わってないの。少し待てる?」と言われます。で、わたくしはじゃあ夕食行って来てから戻ってくるよって言うと、OKOK!ってことで荷物だけ預けてまた車で出発。駐車場の出口ではなぜか課金されたので、インターホンで経緯を話してゲートを開けてもらい、とりあえずトーランスの友人宅へ。久々に再会しておしゃべりして、一緒に別の友人のところ行ってそこの嫁に私の嫁から預かったプレゼント手渡して、とりあえず元の友人と食事へ。日本の話してたら話は尽きません。結局夜10時過ぎにお別れして、フリーウェイ飛ばしてホテルに戻ってチェックインをやり直すと、なんと最上階のペントハウス。避難経路図で見ると一番広い部屋でした。リビングルームにキッチンにベッドルーム。バスルームも複数あり、外が眺められるガラス張りのシャワールームやサウナまで完備!最初は軽く部屋の中で迷う感じです。といっても既に夜遅く、部屋を担当する間もなく寝ました。明日は日帰りフェニックス出張です。

kenjiz at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2016年02月01日

シカゴ経由サンタアナ行き

日曜日にシンガポールから帰国し、そのまま日航成田に泊まりました。このホテル、シングルは激安なのですが部屋がすごい狭さです。とはいえ、以前と比較するとリニューアルされていて水回りも古い設備をうまくきれいにまとめてあり、十分快適に過ごせるレベルでした。ただ空港側の部屋だったので昨年のLAXヒルトンのように、航空機の離着陸の音が常に聞こえている状態。とはいえ、耳栓完備のわたくしは熟睡いたしました。

そして今日、アメリカに到着したわけですが、今回は初めてサンタアナの空港着で来てみました。ロス(LAX)直行便の方が時間は早いのですが、夕方発なので出発まで時間つぶさないといけないことと、LAX周辺は渋滞だらけ面倒なうえ会社にも遠い、ということで、あえて遠回りをしてサンタアナ着ルートです。本当は新しく就航したJALのダラス便を使ってみたかったのですが残念ながら満席だったので久々のシカゴ便。ホテルを9時過ぎにのんびり出発して成田でチェックイン。ラウンジで朝ごはん食べて機内へ。昼行便ということもありほとんど照明つきっぱなしのフライトでした。ちなみに担当のCAさんのバッジに「高濱」と書いてあって、あの日航ジャンボ機事故のパイロットの娘さんでした。ばりばり仕事されてましたが、なんかすごいですね。

そして12時間近いフライトののち、シカゴに到着。意外とすんなり入国できて乗り継ぎ便のためにターミナル5からターミナル3へモノレールで移動。アドミラルズクラブに行きます。前回同様、「フラッグシップラウンジあるわよ」と受付のおばちゃんに教えてもらいますが、シャワーするためにあえてのアドミラルズクラブに入ります。シャワーブースにトイレもある広いシャワールームでした。で、さっぱりしてから受付でもらったクーポンで飲み物もらって、今度はフラッグシップラウンジへ。こちらは成田行きを待っている日本人が結構います。といってもわたくしは出発まで時間があるのでスマホの充電だけして爆睡。しばらくするとラウンジのお姉さんに起こされます。フライトいつなの?搭乗券見せてまだ数時間あることを伝えると、寝るんだったらテレビ消す?それとも向こうにもっと静かな部屋あるからそっちで寝る?、とアメリカ人らしくないお姉さんの気配り。ありがたく誰もいない奥のQUIET ROOMに移動して、もう一回寝ました。時差ボケで軽く頭痛していたのも無くなり、出発30分くらい前に搭乗ゲートへ。いきなり名前呼び出され、搭乗券をアメリカン航空のものに交換します。残念ながらアップグレードではありませんでした。

そしてサンタアナ行きの機内へ搭乗。エコノミーの最前列窓側で隣席は空いているというなかなかの快適さ。アメリカン航空はエコノミーの前方がMain Cabin Extraというプレミアムエコノミーになっていて、足元も十分に広くできています。そしてドリンクサービスの時に、なぜかわたしだけサンドイッチのサービスが。CAがうるさい機内で早口で何言っているのかよくわかりませんでしたが、ワンワールドエメラルド会員向けのサービスか何かでしょうかね?数種類のサンドイッチから選ばせてもらって、すんごいデカさのサンドイッチだったので、持ち帰って夕食にします。そして4時間ほどのフライトで初めてのサンタアナ空港に到着。こじんまりした空港で、降りてからもあっという間に出口。ホテルに電話してピックアップを依頼しますが、預け荷物がなかなか出てこなくて(というか出口まで歩いてすぐなので人の方が早い)、シャトル乗り場についたらホテルの車と運転手が待っていました。ホテルまで数分で到着して、事前にスマホでチェックインしていたのですぐにルームキーもらって、長旅が終わりました。明日からはいよいよこちらで仕事です。

kenjiz at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行