2015年06月

2015年06月17日

モルディブ滞在

水上コテージモルディブから帰国しました。今回の滞在も非常にリラックスできて、モルディブの水上コテージは外さない感じです。人にも安心して勧められますね。リゾートでのんびりするとき、周囲の環境はとても大事ですが、周囲の客層もそれには含まれます。今回のランナリは、中国・韓国人はいましたが非常に少なく、騒ぐ人もほとんど見ませんでした。水上コテージの場合、部屋で海を見ながらのんびりする時間も長いと思いますが、その時に話し声や騒ぎ声が聞こえたり、音楽が流れ続けていたらうっとおしいですもんね。その点今回は快適な滞在ができて本当に良かったです。ちなみに食事は、オールインクルーシブで食べ放題、飲み放題。まぁビュッフェはあまり期待できないものの、3泊の滞在ではぎりぎり飽きずに済んだ感じです。一つ不満だったのは、コーラの炭酸がいつも抜けていたこと・・・。ほとんど砂糖水になっていて、ウエイターにも言ったのですが、「大きなボトルだから仕方ないんだよ、ごめん」って感じで改善される様子は無く、最終日までいつも気が抜けていましたね。

夕日ちなみに今回、予約の際に部屋から夕陽が見えることをリクエストしていたのですが、ちゃんと見える部屋をアサインしてくれました。雨季ということで天気が心配だったのですが、結局は雨が降ったのは夜中に1回だけ、朝起きたら砂が湿っていたことがあっただけで、あとはずっと晴れていました。天気にも非常に恵まれました。モルディブって雨季は値段も安くなりますが、実際のところ天候は運にもよるところが大きく、今回のように雨季でもほとんど全部晴れていた、ということもあるわけですね。安い時期も見逃す必要ないように思います。

モルディブあと、モルディブではスノーケリングも毎日楽しみました。雨季ということで透明度はいまいちのところもありましたが、水上コテージの周辺も含め、魚はたくさんいました。ドロップオフにはさんごも魚もたくさんいるわけですが、さすがに外洋に面したドロップオフは怖くて行けませんけど、リーフ内のドロップオフなら、流れに注意しつつ泳いで行って魚を楽しめます。いつものFinePixと水中ハウジングを海に持ち込み、写真やビデオをたくさん撮りました。まぁでも、単にスノーケリングなら、沖縄で十分ですけどね。水上コテージに滞在しつつ、気が向いたら泳いで、また海から直接部屋に上がれる、というのがモルディブの利点です。あと、オールインクルーシブなので、島の周囲を泳いで行って、途中で陸に上がってバーで休憩、ドリンク飲んで、またさらに泳いで、次のバーでまた休憩してドリンク・・・と、バーホッピングスノーケルがなかなか良い感じです。これもぜひともみなさんにお勧めしたいところです。

最終日は、マレ発が12:40だったのですが、リゾートのボートでの出発は10:30とのこと。早すぎず良いタイミングでグッドです。聞く話では、リゾートを離れるのがえらく早くて、マレで数時間時間をつぶしたなんてのもあるようですが、今回はマレに到着後すぐにチェックイン、ちょっとお土産物を買っていたらボーディング、というナイスタイミングでした。バンコクからはJALへ乗り継ぎですが、バンコクのサクララウンジでは寿司があり、なかなか旨し!JALで帰ると離陸前から日本に帰った気分になれるので良いですね。JALの機内では、ちょうど嫁の誕生日ということもあり、乗務員たちからのいろんなプレゼントまで頂き、無事に自宅まで到着しました。また数年後くらいに、行きたいですね!

kenjiz at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2015年06月13日

Adaraan Club Rannalhi (ランナリ)到着

1A今日、無事にモルディブのリゾートに到着しました。金曜日の夜に羽田に行き、JL33便バンコク行きにチェックイン。ラッキーなことに1AC席が取れまして、久々の最前列左側です。空港には少し早目に到着したので、ファーストクラスラウンジで食事してマッサージしてシャワーして、長旅の準備を整えます。マッサージは体格の良いおばちゃんでしたが、「凝ってる感じですか?」って聞いてみたら「凝ってる感じどころか、バリバリに凝ってますよ!」と突っ込まれました。時間が終わってからも、姿勢はこうしたほうがいいとかいろいろとアドバイスしてくる気さくなおばちゃんにぐりぐりされたりして、定刻通り33便で出発です。離陸したら、タブレットやデジカメの充電のセットだけして、すぐにシートをベッドモードにして、寝ました。到着直前に食事したいとだけ伝えていたので、本当に着陸40分前まで寝かせてくれて、せかされるように朝食をかきこみ、スワンナプーム空港に到着。着陸前に、乗り継ぎの時間が少し長いので新聞もらってもいいですか?って聞いたら、日本語の新聞7紙ほどを袋に入れて持たせてくれました。最初から最後までほとんど寝てて、受けたサービスは限られたとはいえ、乗務員にはお世話になりました。

スワンナプーム空港では、入国はせずにそのまま乗り継ぎます。セキュリティチェックを受けて、乗継便はバンコクエアウェイズなのでラウンジもなく、大きなリクライニングチェアに陣取ってネットしながらゴロゴロ。すさまじい音量のいびきをかいているおじさんもいましたが、ソファ自体が寝るために作ってあるような形しているので、うとうとしていたらあっという間に搭乗時間。A319のバンコクエアウェイズ便で、モルディブのマレに向かいます。簡単ですが機内食も出たりして、約4時間のフライトでマレに到着。歩いてターミナルに入り、入国して税関検査受けて、リゾートのカウンター探します。Rannalhi はE2カウンターですが最初見つからず、その辺のツアーガイドに教えてもらってたどり着くと「あと二人来たらボート出します」と言われて待つこと約30分、結局ボートで向かうのは私たち夫婦と、中国人親子の4人のみ。いわゆるスピードボードに乗って、Rannalhi までは約45分です。モルディブのスピードボートに乗るのは初めてで、いったいどんなものかと思っていましたが、どこにでもあるような普通のボートでした。だいたい15人くらいが乗れるような大きさです。エンジン全開で飛ばすのですが、iPhoneのGPSで測定したら時速50キロほどでした。揺れもたいしたことはないのですが、でも水上飛行機よりは揺れます。乗り物酔いしやすい人は、水上飛行機のリゾートの方が良いかもしれません。

Adaraan Club Rannalhiそして無事に、Adaraan Club Rannalhi に到着。チェックインしますが、今回オールインクルーシブで予約したので、手首にブルーのサインを付けます。基本的に外せない輪を付けるってのはちょっと抵抗ありますが、みんな気にならないのでしょうか??ちょうどチェックインは13時半頃なので、すぐ食事できる?と聞いて、部屋の行かずにレストランへ直行。ランチを食べますが、食事はまぁ十分食べれますが特別おいしいというわけでもなく、必要十分といった感じ。食べ過ぎず太らないためにはちょうどいいかもしれません。て、午後は早速スノーケリングしました。透明度も魚もまずまず。あとインターネットは、今回レンタルWiFiを持ち込んでいます。モルディブは海外パケット定額がドコモもソフトバンクも対象外。ホテルのWiFiもあるにはあるけど当然遅いでしょうから、日本でWiFiをレンタルしました。マレの空港では当然4Gで接続、ボート移動の際もほとんどは電波が入り、ランナリは3Gでしたが、普通にネットする分には十分です。オンラインゲームも問題なく遊べるくらい。これからここに3泊します!

kenjiz at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2015年06月11日

特設車

わたくしの会社は、最近社有車はすべてトヨタレンタリースからリースしているのですが、装備での要望を出していたら、特設車というのを提案されました。要するに、カタログモデルの各グレードとは違う、必要な装備と不必要な装備を取捨選択したオリジナル装備で納車してくれるということです。それほどたくさんの台数を購入するわけでもないのに、そういったことできるんですね。だったら・・・いっそのことすべての装備を細かくカスタマイズして生産してくれれば、新車購入の楽しみがとても増えますよね。グレード自体が意味をなさなくなるので中古車業界はとても困るかもしれませんが、でもいるもの、いらないものを選択できたらとても良いと思います。まぁ、なんだかんだでフル装備になってしまうのかもしれませんが、たとえばクラウンだったら、外装はアスリート、内装はロイヤル、なんてこともできるわけで、この組み合わせはネット上でも要望を見かけることがあるので、けっこういいと思います。だいたい、スポーティーな車は黒木目、とか意味が分かりません。なんかそうした受注生産的なしくみとか、車業界には何か新しいものが必要に思います。

kenjiz at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2015年06月09日

ビーチリゾート計画

久々に旅行に行くことにしました。GW中も結構仕事だったし、6月に入って仕事も落ち着きつつありますので、今週末からしばらく休み取ることにしました。で、嫁に行きたいところは?と聞いてみると、場所ではなく、「何もしなくていいところ」という答え。まぁそれはつまり、街ではなくリゾート、山とか砂漠は疲れるので、海!ビーチリゾートでしょう!ということになりました。

で、ビーチリゾートといえどもいろいろとあるわけですが、最初の候補はやはりモルディブ。水上コテージは本当に癒されますからね。でも微妙に遠いし値段がバカ高い。で、他に同じようなリゾートは・・・と探してみると、水上コテージの双頭をなすのはタヒチ。いいですねえ。でも、エアタヒチヌイの狭い飛行機に閉じ込められるのはちょっと厳しいです。やはり途中まででもJALが飛んでて、ビジネスクラスで寝ながら行きたいところです。パプアニューギニアも良いけど、そんなに長期の休みではないので往復に時間を取られそう。あとは、バリ島も良いかなと思ったけど、ビーチはいまいちのようです。マレーシアの離島もいくつか調べてみたのですが、やはり行くのが大変。クアラルンプールからさらに車で数時間、そして船で沖合に、とか。あとは、ベトナムにもフーコック島というまだあまり有名でないリゾートがあります。水上コテージとかは無いけど、人が少ないならそこもありかな、、、と思いましたが、情報がなさすぎ。バックパックで現地の宿も決めずに行くようなところです。あとは、フィリピンのエルニド。ここもモルディブっぽく島ごとのリゾートがあったりするわけですが、マニラから飛行機や船を乗り継いで、たどり着くのが大変そう。でもなかなかそれも面白そうです。ただ、フィリピンというのは距離的にも中途半端で、今回はパス。というと結局モルディブが無難ということで、消去法でのモルディブとなりました。

まずはエアですが、JALのサイトでチェックすると、モルディブまではシンガポール経由、クアラルンプール経由、バンコク経由と選択肢は豊富。前回行った時のようにシンガポール経由で予約を試みますが、残念ながら乗り継ぎのシンガポール航空が取れない模様。SQはスタアラだし、別アライアンスだからあまり席が提供されていないのかもしれません。クアラルンプール経由のマレーシア航空ならワンワールドですが、で、でも最近よく事故ってますよね・・・行方不明の飛行機とか・・・。ということで、こちらも消去法でバンコク経由の、バンコクエアウェイズへの乗り継ぎとなりました。JALがちゃんとコードシェアしていますので、便名はすべてJALです。バンコクまでのアップグレードも無事に確保でき、夜行便はビジネスクラスで寝ながら移動し、タイとモルディブ間は昼行便。モルディブにはお昼にIN/OUTなので、島への移動もマレ泊不要ということになります。

・往路
JL33 HND/BKK 040/500 (6:20)
JL5997 BKK/MLE 930/1145 (4:15)

・復路
JL5996 MLE/BKK 1240/1905 (4:25)
JL34 BKK/HND 2155/605 (6:10)

このルートとスケジュールです。羽田発は午前0時。つまり仕事が終わってから羽田に行けば良く、帰りも朝6時羽田帰国なので、行こうと思えばそのまま会社だって行けちゃう時間。なかなかこの夜行便は時間が節約できるスケジュールです。JAL便のビジネスクラスは、無事に2席並びが確保できました。あとバンコクエアウェイズはJALでは座席指定ができないので、まずはJALに電話してバンコクエアウェイズの予約番号を教えてもらいます。そしてバンコクエアウェイズに電話し、タイ人の英語をなんとかヒアリングしつつ座席指定しました。電話のタイ人に、最後に予約詳細をメールで送るからメールアドレス教えてくれと言われて、電話でメールアドレスのアルファベットを間違いなく伝えるのは不可能に近い感じですが、フォネティックコードを駆使してなんとか伝えました。無事にあとからメールが届いたので、電話でミスなくメアドを伝えられたことに自分でもびっくりです。


あとは、ホテルを決めなくてはいけません!モルディブはたくさんあって値段もピンキリ。とはいえ、水上コテージは限られています。既に1週間前を切っているので、あわてて探さないといけません。さてどうなることやら!

kenjiz at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2015年06月01日

ソニッケアー

わたくしは小学生の頃、大変な痛みに耐えて歯列矯正を行ったわけですが、なぜか最近、下の歯がずれ始めています。で、約10年ぶりくらいに歯医者に行くことにしました。運良く、小学生の頃に通った矯正歯科がまだ残っていたので、予約を入れて行ってみます。建物は完全に新しくなっていて、当時わたくしに施術してくれていた医者は、3年前に亡くなったとのこと。息子がちゃんと後を継いで、矯正だけでなく通常の歯科もやるようになっていました。で、一通り見てもらうと、やはり下だけは親知らずが斜めに出てきていて、それが歯を押している模様。親知らずを抜歯する必要があるようです。ただその前に、歯石取りしましょうということで2回ほど通って歯石取ってもらいました。そしたら、最初は虫歯はないという話だったのに、歯石の下から虫歯発見。その治療をするために、親知らずの抜歯は少し先になりそうです。いずれにせよ親知らずはかなり大きいとのことで、大学病院を薦められました。なんか考えるだけで痛いし乗り気ではありませんが、歯は重要なのでこの際ちゃんとしようと思っています。

ところで歯科の息子先生は、いろいろと詳しく現状を教えてくれ、歯の詰め物についても、この歯の詰め物はいいやつ使っていますね、こっちは保険適用の一般的なやつです、など、解説してくれます。歯の治療っていろいろと方法がありますけど、少なくとも今まではどうやって直すかなんて聞かれたことないんですけどね。あと歯ブラシについてもいろいろと話を聞いて、息子先生のおすすめはフィリップスのソニッケアー。アマゾンでとりあえず買ってみました。今まで使っていたオムロンの電動歯ブラシも長いことお世話になりましたけど、ソニッケアーは振動のレベルが違っていて、本当にブラシを歯に当てるだけでどんどんきれいになる感じ。しばらくこれを使ってみたいと思っています。

ちなみにソニッケアーは、高いのから安いのまでいろいろと有るわけですが、よくよく調べてみると、高いモデルはモードが増えるのみで、結局通常の歯磨きに使う分には安いモデルでも何の問題もないことが判明。というわけで、お安いのを買いました。

ただし!本体の安いモデルは添付されるブラシも安いものになってしまうので、替えブラシだけは高級モデルと同じものを買います。ダイヤモンドクリーンというやつです。これで、ブラッシング効果は高級モデルと同じというわけです。確かに歯がつるつるになるのを実感できます。


kenjiz at 23:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)余談