2005年04月26日

フレッツ3時間ダウン

連休が間近に近づいている。ウチの職場ではすでに一足早く連休に突入しているメンバーも出ていた。私も木曜日の午後から休みを取り、その日のうちに国外へ飛び、海外の友人宅でのんびり過ごすことにしている。帰国は連休明けの月曜日の予定。今年は曜日の並びが良いとかで、どの交通機関も大混雑の予感である。

交通機関といえば、JR西日本の起こした事故でニュースが占められている。他にも脱線事故があったようだし、最近は飛行機もちょこちょこトラブルを起こしている。GW中、なにも起きないことを祈るのみ。たのむでしかし。

今日は関西でネットワークのトラブルがあった。うちの営業所も一部被害に遭って、朝からネットワークが使えず大変だったようである。原因はNTT西日本のフレッツ網の障害で、回復にはなんと3時間も要した。こんなことが起きると、やっぱりフレッツ網を活用していくことには躊躇してしまう。

Bフレッツで拠点間をつなぐと、数十Mbpsの帯域が非常に安価に手に入る。広域Etherのような専用線より1桁か2桁安いのだ。ここまで価格差があると、基幹の回線にも使えるんじゃないか?と錯覚してしまう。でも、こうやって数時間の回線断があると、やっぱりフレッツはフレッツレベルの品質なんだと再認識させられる。

ただ、バックアップ回線としては使えるかもしれない。いくらフレッツの品質が低いといっても、メインの専用線と同時に落ちる可能性は低いだろうし、何しろ費用安くて帯域も十分である。実はこれを今検討中で、Cisco1841という新製品が候補に挙がっている。このルータ、Cisco2600よりずっと性能が上らしく興味津々。ただしまだまともな実績がないのがネックではある。この件については、進展があったらまた書こうと思っている。

kenjiz at 22:38│Comments(0)TrackBack(0) IT 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔