2012年05月

2012年05月29日

ファイルサーバトラブル

先週から、おいらの会社のファイルサーバが障害で大変なことになっています。事の発端は、サーバがいきなりブルースクリーンになること。まぁ、障害自体は避けられないし驚きもしないので、とりあえず保守呼んで原因切り分け。ただこのときは特にエラーもなく、保守員も手当たり次第にパーツ交換。再起動するとしばらくはちゃんと動いている。でもまた少ししたらブルースクリーン。またパーツ交換、でも直らず。このあたりまではおいらの海外出張中の話。

で、おいら帰国後にトラブル対応に参戦。Microsoftサポートから、NTFS.SYSのバージョンアップを試すように提案が届く。で、やってみたら動き出したように見えた・・・。と思ったが半日後に再度ブルースクリーン。万事休す。で、結局メモリのフルダンプを取得することに。フルダンプって、メモリの容量だけあるから、このサーバの場合24GBあります。で、このダンプファイルをMicrosoftサポートに送るのだけで一苦労。最終的にはファイルを分割して自社のWebサイトにアップし、先方にダウンロードしてもらうという方法に。

で、メモリダンプの解析結果で判明したのは、NTFSファイルシステムが一部破損していて、その特定ファイルにアクセスした瞬間にブルースクリーンになるとのこと。WindowsOS弱いっすねー。解決法としてはscandiskと言われたのですが、ディスク容量は20TB以上、ファイル数は1億以上あるので、scandiskはおそらく1週間以上かかる見込み。結局、別パーティションを切ってそこにテープからフルリストアし、ユーザーへ提供再開となりました。テープ上に保管されていなかったファイルは、破損パーティションから個別にサルベージです。LTO5ドライブを4つ同時並行で動かしても、リストアに数日かかりました。

それにしても、大容量のファイルサーバの運用は難しいですね。ハードウェア的には冗長構成も取れるし、ストレージでクローンを作ったりもできるけど、ファイルシステムの破損となると手の打ちようがありません。かといって対策をとらないわけにもいかないので、ストレージを増設してOS上でミラーリングすることにします。DFS-Rを使うか、robocopyを使うか、あるいはサードパーティの製品か、これから構成を考えないといけません。メーカーや販社からもいくつか提案をもらいましたが、実際の運用ノウハウをベースにしているとは思えない提案ばかりで、微妙です。数十TBのファイルサーバをこうやって運用しているよ、バックアップはこうしているよ、みたいなノウハウって、どこにあるんでしょうね?

kenjiz at 23:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)IT 

2012年05月24日

帰国

ChevroletCaptiva昨日、LA出張から帰国しました。今回はレンタカーを使用したのですが、フルサイズの指定で置いてあった車はシボレーのキャプティバっていう車です。コンパクト目のSUVという感じで、視線も高くまぁまぁいい感じの車ではあるのですが、いかんせんアメリカのフリーウェイで流れをリードするにはパワーが無さすぎです。加速をするたびにキックダウンをしなくてはいけない有り様。というわけで燃費も微妙です。ただ今回はガソリンを空で返してもよい契約にしたので、きっちり使い切るとお得になるわけです。1週間のホテルと会社の往復で使い切るはずもなく、フリーウェイではがんがん踏みまくりです。

MusicPlayerちなみに数か月前に借りたマスタングもそうなのですが、いまどきUSBでiPodがつながるのは常識のようですね。おいらはiPhoneをつなげてみましたが、ちゃんと曲名もディスプレイに表示されました。といっても日本語は化けてしまうのですけどね。早くMP3タグもUnicode対応にすべきじゃないでしょうか。でもまぁ、いつもの音楽を聴きながらドライブできるのは楽しいものです。ちなみに、アーバインのオフィスの周囲には西海岸には珍しく有料道路があって、カーナビの通りに走るとTOLLGATEが待ち構えています。ナビには、フリーウェイを使うかどうかの設定はあるのですが、有料道路を使うかどうかの設定がないんですよね。ですので、自分で地図を見ながら有料道路を回避しつつ運転してました。

fuddruckersで、LA滞在最後のお昼はFuddruckersというハンバーガーチェーンで。この店は肉の大きさと焼き加減を指定し、焼きあがったら肉とパンを渡されるので、具材は自分でチョイスします。ボリュームは半端ないです。おいしいのでおすすめ。そして晩は日本人10人くらいのホームパーティにお呼ばれして夜11時頃まで騒いで、LAXへ向かって午前1時のANAの羽田便で帰国しました。帰りもラッキーなことにプレミアムエコノミーにしてもらいました。久々の日本なのですが、帰国したら仕事で大トラブルが起きているらしく、今日からはまた日本で仕事に埋もれています。

kenjiz at 23:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) | 旅行

2012年05月20日

ロサンゼルス滞在

kula木曜日・金曜日とこちらで仕事でした。個人のスペースが非常に広くて静かな感じなのはドイツのオフィスと同じですが、そもそも日本はなんであんなに狭いんでしょうね。まぁ国土が狭いので、仕方ないのかもしれませんが。ドイツもアメリカも、夕方は5時頃には仕事をみんな終えて帰り始めます。明るいうちに帰るのも、日本ではなかなか見られないですよね。ちなみにドイツは、偉い人たちは会社からカンパニーカーを与えられます。ベンツ・BMW・アウディ・レクサスなど、会社の駐車場が高級車の展示場のようになってます。反面カリフォルニアは、現地社長も自前のプリウス、会社の車なんてありませんし、社員たちの車も日本車やアメリカ車、時々ピックアップトラック、みたいな感じです。国によっていろいろと異なりますよね。おいらは木曜日・金曜日ともに駐在員に食事に連れて行ってもらいました。金曜日は、本社から役員が出張して来ていて、おいらは話したことも無いほど接点のない方だったのですが、いろいろとお話しする良い機会でした。それにしても日本食が多いですね。寿司はもちろん、ラーメン屋もたくさんあります。くら寿司まで!

DowntownDisneyそして仕事は順調に終わり、トラブルもなく、めでたく週末はお休みになったので、まず土曜日はとりあえず午前中はホテルでゴロゴロして、お昼からアナハイムのディズニーへ。といってもテーマパークで男一人で遊ぶわけではなく、ダウンタウンディズニーでお土産の買い物です。テーマパークに入らずダウンタウンディズニーにどうやっていくのかはネットでも情報が無かったのですが、ちゃんと道路標識の通りに進むと、ダウンタウンディズニー専用の駐車場に誘導されました。ちなみにここは3時間以内は駐車料金無料です。まぁ、買い物して食事して、ちょうどいいくらいでしょうか?それにしても週末なのですごい人出です。おいらみたいに男一人で来ている人はたぶんほとんどいないんじゃないかと思いますが、とりあえず買い物を済ませて、次は友人のところへ向かいます。

choc実はスペインに住んでいたおいらの友人が、病気を持って生まれた子供の治療のためにアメリカへ移住し、カリフォルニアで入院しているのです。場所を聞くとCHOCとのこと。Children's Hospital of Orange Countyです。アナハイムからすぐそば。車で約15分ほど。駐車場に車を止めますが、病室が見つかりません。で、何回か電話すると、この病院すごく大きくて、建物がたくさんあることが判明。病棟を探して、入口で身分証明書を見せてシールをもらって、ようやく病室にたどり着きました。この病院でも活躍しているのは日本の医療機器。すばらしいです。そして友人たちとはスペイン以来数年ぶりの再会。旦那とは普通のハグですが、この嫁からはいつもハグを完全に通り越してむぎゅ〜と抱きしめられます(汗。そして嫁の親族も病院に来ていて、おいらの見覚えのある顔も数人、再会を祝って握手。結局土曜日は夜までこの病院にいて、なぜか帰りに親族を家まで送ってあげたりして、夜遅くにホテルに戻りました。

IMG_2105 - コピーそして今日日曜日は、昼前にトーランスの友人宅を訪ねて、そのまま友人と一緒に海辺へドライブして近くでブランチ。久々にクレープを注文してみたのですが、、あまりの甘さに半分くらいでギブアップ。やりすぎです。そしてその後もほかの友人たちと合流し、みなさんとの再会を楽しみました。そして夕方、太陽が欠けてる!という声で外に出ると、部分日食の真っ最中。日本では月曜日の朝ですが、その後日食部分が太平洋を渡ってアメリカまで来て、国際日付変更線を越えるのでアメリカでは日曜日の夕方というわけです。意外とアメリカでも日食に興味を持つ人は多く、CNNでも生中継した上に、見えるエリアごとに天気予報までする手の込みよう。でもおいらは、日本で金環日食見たかったなー。

SolarEclipse


kenjiz at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年05月16日

フランクフルト→羽田→ロサンゼルス

787月曜日に仕事を終え、火曜日の羽田行きのフライトでフランクフルトを出発します。おいら初のボーイング787ドリームライナーに搭乗です。オンラインチェックインでエコノミー最前列を確保したので足元は広々。エコノミーも全席でPC電源からすべてそろっていて、あとは何しろ機体が新しいのであちこちピカピカです。普通はつや消しになってる翼とかもツヤがありました。音が静かなのは耳栓をするとあまり変わりないような気もしますし、湿度が高いといわれても男にはピンときませんけど、でも荷物入れが大きかったり、液晶のシェードとか、トイレのウオッシュレットとか、やはり新機材は良いです。一番いいのはウオッシュレットですね。

showerで、羽田に到着してすぐにロサンゼルス行きをチェックイン。あいにく満席で座席の選択の余地はありませんでした。で一旦自宅に帰って着替えとかを入れ替え、夜また羽田へ。荷物をチェックインする際にもう一度座席を相談してみたら、プレミアムエコノミーをアサインしてくれました!すばらしい!長距離エコノミーの憂鬱な気分がちょっと晴れつつ、見送りに来てくれた嫁とバイバイして機内へ。プレミアムエコノミーは、決して広いわけではないけど、まぁエコノミーと比べれば十分の広さです。おいらプレミアムエコの座席に座るのは初めてかもしれません。PC電源も使えて満足満足。隣の窓側には留学先を探しに行くという女の子が一人で座ってましたが、若いのに一人でたいしたもんです。で、無事にロサンゼルスにつきますが、本当に久々です。今日はホテルにチェックインするだけなので、とりあえず友人に電話してみたら暇してるみたいで、まずはそこへ向かいます。いつものハーツで車をピックアップし、I-405の大渋滞に巻き込まれてトーランスへ。友人宅で久々の再会。前回、生まれたばかりだった赤ちゃんが、すでに歩き回って言葉もしゃべっていて驚き。最近トーランス界隈で激増しているというラーメン屋に行って、夜遅くにアーバインに向かってHiltonにチェックインしました。明日からLAでのお仕事です。

kenjiz at 23:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年05月12日

ドイツの週末

gt金曜日の1日目の仕事は無事に終わりました。自分の英語力不足でもどかしいところも多々ありましたが、なんとか一番の山は1日目で片付きました。で、仕事も長引くことなく週末はお休みになりました。今日は、地下鉄で市内をうろうろしてみます。フランクフルトの地下鉄のチケットは、これがまたわかりにくい。何しろ改札というものがなくて自己申告なので、ICカードみたいなものもありません。券売機で目的地の番号を入力して購入するという非常に原始的なやり方です。ボタンは全部ドイツ語で記号やマークもないので、iPhoneでネットを調べながらの購入です。そしてフランクフルトの地下鉄の特徴は、まず基本が路面電車であること。昔の路面電車を一部地下に潜らせた、というような構造です。なので市の中心部以外は地上を走ります。そして、線路が分岐したり合流したりと、1本の線路に複数の路線が走っています。なので、ちゃんと番号を見ないと違うところに行ってしまう可能性も有ります。でも、一応いろいろ買い物したり、地下鉄の乗り換えもこなして無事にホテルに戻って来ました。あとバスも使ってみたかったのですが、ネットを検索してもフランクフルトの路線バスに関する記述はほとんどありませんでした。見事に情報無し。というわけでおいらは今回乗りませんでしたが、おそらく地下鉄のチケットでそのまま乗れるのではないかと思います。分かり易さという意味では、日本やNYとか韓国とか中国の地下鉄&バスがベストですね。あと、路線図のPDFくらいホームページの分かり易いところに掲載してほしいです。これは日本もですけどね。

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)IT | 旅行

2012年05月10日

ドイツ出張

gcar今日からドイツ出張。そして、今回もANAです。ANAはフランクフルトまで毎日2便飛ばしていて、成田発と羽田発ですが、今回は往路は成田発、復路は羽田着にしてみました。羽田発はフランクフルトに早朝着くのですが、そのまま1日起きているのは辛そうだったので、成田発でフランクフルトには夕方着です。成田まで行くのは久々でした。自宅近くからの直通リムジンバスはいい時間が無かったので、今回は京成スカイライナーを使って成田まで。スカイライナーはガラガラで、2列に1人といった具合です。日暮里から約30分で成田空港へ。今回は初めて、オンラインチェックインした画面をiPhoneに入れておくというのをやったのですが、ほんと、そのまま荷物も預けて、出国審査も係員にパスポートとiPhoneを渡すといった具合。こんなことできるんですね。

成田発フランクフルト行はNH209便、機材は777-300でした。ビジネスクラスは、話題のフルフラット。ただ幅が非常に狭いようで、あまり広々といったイメージは全く無しです。おいらは今回はエコノミーなので、さらに後ろへ。エコノミーは意外と窮屈でなく、中央4席も2席+2席に座席が分かれていて、中央はアームレストも2つあります。おいらの隣は空席だったので、2席使って楽々でした。おまけにAC電源もついています。結局、約12時間半のフライトは一睡もせず映画とPCやってて終わりました。入国カードも何もなくパスポートチェックだけでドイツに入国し、迎えに来てくれた駐在員と合流。社有車のレクサスでとりあえずホテルへ行って荷物を置き、食事へ。前回の出張は1月で夕方も朝も真っ暗だったのですが、今回は夜も9時半くらいまで太陽が出ています。明るいうちに食事も終えてホテルに戻って、寝ます。明日から久々のフランクフルトのオフィスです。

kenjiz at 23:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)IT 

2012年05月01日

今度は沖縄へ〜

pokemonjet連休合間の今日ですが、嫁は仕事でおいらはお休みだったので、旧友に会いに沖縄に日帰りで行ってきました。航空券はこの前のソウル発のANA便に組み込んであるので、新たに買う必要はありません。ソウル往復+沖縄2往復で1年間有効で95万ウォンというチケットです。7万円くらいでしょうか。ソウル往復3万円、沖縄往復2万円といった計算です。沖縄片道1万円なのに、予約変更自由で、JALの海外発券と違って予約も入りやすいのがすばらしいですね。行きはちょっとのんびり目に家を出て、日帰りなので今日は車で羽田まで。国際線チケットだとカウンターでのチェックインが必須ですが、一般のチェックインカウンターとは異なるところで手続きできるので、行列に並ばずに済むのが良いです。プレミアムクラスの空席を聞いてみますが残念ながら満席。でも前から2列目の通路側がすんなり取れました。今日のNH129便はポケモンジェット!まだ飛んでたのね・・・。しかもJALから消滅した747-400です。搭乗してみるとかなりの満席。でもなぜか最前列中央ブロックが4席空いていたので、CAにOKもらって席移動。ANAってエコの最前列が結構空いてるのは、なんででしょうね?元々あけとくポリシーなのか、あるいはJALが最前列狙いのおっさんたちが多すぎるのか・・・。ともかく、沖縄まで約2時間半、あっという間でした。

kurukuma到着後にすでに午後1時なのですぐに帰りの便のチェックインも済ませ、空港まで迎えに来てくれた友人と合流。数年ぶりですがお互い変わってなくて一安心!?友人おすすめのニライカナイ橋へのんびりドライブ。友人の妹の友人おすすめという微妙な店「カフェくるくま」に入ってカレーを食べて、気づけば帰りの便の出発1時間前。いったん空港に戻り、飛行機を最終便NH138へ変更してもらいました。そしてショッピングセンターで沖縄そばとか、A&Wのルートビアとか、シークァーサーとかいろいろ買い込んでチェックインできるように段ボール箱で梱包。あとはコーヒー飲みながら友人とぐだぐだ積もる話をして、夜8時まであっという間。また空港に戻り、友人ともお別れして東京に戻ってきました。帰りはプレミアムクラスが取れて、座席も1Aがもらえました。ANAのプレミアムクラスは初めてですが、お弁当は微妙でした。高級なのはわかるのですが、食事時間帯におなかが空いてばくばく食べたい人には完全に不足です。でもCAの対応はまぁまぁ良いですね。ただ弁当を服にこぼした時に見て見ぬふりをしてたのは、まぁ面倒なことは避けたそうなのが丸わかりでおいらもあえて何もしませんでした。JALでおいらはシャツを洗ってもらったりと今までいろいろありましたが、JALの熟練CAが一枚上手な印象です。まぁ、国際線ビジネスと国内線プレミアムクラスを比較するのが間違っているのかもしれませんが、でもプレミアムクラスって、そうゆうところ狙ってるはずですよね?弁当だシートだラウンジだとサービスメニューをそろえるのも良いのですが、CAの柔軟な対応やホスピタリティって、サービスレベルを上げていくのは難しそうです。

kenjiz at 23:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行