2012年03月

2012年03月27日

年度末!

印紙年度末になり、仕事もドタバタしています。特にお金のやり取りは、期をまたぐといろいろと面倒、というかおいらは面倒ではありませんが、決算資料を作る経理部は大変ですよね。順序が逆になりながらも契約書を何通も作ったりしていますが、印紙代もばかになりません。もちろん税金なのでちゃんと払いますけど、おいらの会社は印紙のストックなどはないので、立て替えで郵便局に買いに行くのですが、、、それなりの額の取引だと、印紙も何万とかになるのでシャレになりません。自分の財布が空っぽになってしまいます。領収書も早く清算したいところですが、年度末・年度初めは経費の申請処理も止まってしまうので、手元に領収書が残ることになります。もし失くしたら大損!FXで数百万円動かすのは全く平気なのに、小さな切手のような数万円の印紙の扱いにドキドキです。

kenjiz at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)IT 

2012年03月25日

マイクロバスドライブ

今日は早朝から、マイクロバスを運転して出かけてきました。約20人を乗せて栃木まで往復したのですが、久々に運転することを考えると車体の大きさにビビりつつも、でも実際に運転席に座ると、たいしたことないですよね。狭い道でもばんばん振り回して走れます。特に狭い道の左折とかで、対向車の目の前をかすめて曲がったりするのは頭の中で計算フル回転しつつ、しかもお尻を振り出さないようにハンドルの切り方を調整しながらスパッと曲がるのは普通に面白いです。エアサスは乗り心地も良いし、路面の段差もなんのその。ただ今日は帰りの東北道がひたすら渋滞で、サービスエリアまで人でごった返していました。ちなみに今日借りたトヨタコースターですが、400km走って軽油を60リットル飲みこみました。リッター6キロ台です。20人乗っているとはいえ、燃費悪いですね。まぁ高速道路でちょっと早いペースで走ってターボが効きっぱなしだったことを考えると、妥当かもしれません。マイカーに1台ほしいです(笑

kenjiz at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 

2012年03月21日

帰国日

PREMIUM OUTLETS昨日は早くもアメリカ最終日でした。またモーテルの朝食で1日が始まるわけですが、ここにも!ワッフルメーカーがありました。最近アメリカのモーテルってワッフル流行ってるんですかね?確かに生地を作るだけで手間もかからなさそうだし、手作り感も楽しめるし、ちゃんとおいしいので良いことづくめですね。で、朝9時から近所のプレミアムアウトレットがオープンするので、時間ピッタリに行ってみると・・・空いてない。インフォメーションで聞いてみると、ほとんどの店は10時からオープンらしい。なんだよそれ〜。で、時間ももったいないのでまたWAL★MARTに行って最後のお買いもの。普通のスーパーがとても楽しめます。で、10時を過ぎたのでアウトレットに戻って嫁の買い物。オープンカーはついにトランクに荷物が入りきらず、後席も荷物置きとなります。

NAPA VALLEYで、このバカビルという街から西へ進み、ナパバレーを目指します。途中は完全な田舎道。どうせなら屋根をオープンにと車を路肩に止めると、ちょうど対向から走ってきたパトカーも道の反対側に止まります。で?ここって停車禁止?と思ったら警官が窓から親指を立てて「OK?」って聞いてきました。何かあったんじゃないかと心配してくれたわけですね。おいらも同じポーズで「OK!」と返事をすると、警官はクラウンビクトリアのエンジンをふかして走り去りました。そうだよね、田舎で車が止まったらえらいことだよね。親切に感謝しつつ、屋根を開けてオープンでドライブ!気候もちょうどよくてとても気持ちが良いです。

WINERYしばらく走ると、目的のワイナリーに到着。ロバート・モンダヴィ・ワイナリーです。ロバート・モンダヴィは「カリフォルニアワインの父」と呼ばれ、カリフォルニアワインを世界的に有名にしたのだとか。客の数はそれほど多くもなく、中を少し散歩してワインのテイスティング。おいらは運転ですので、嫁がさっそく飲みました。テイスティングといっても、ワイングラスに半分くらい注いでくれるので、普通に飲んでるのとあまり変わりません。カウンターでワインをもらって、適当にその辺のテーブルで飲むのですが、明らかに出来上がってるおっちゃん、おばちゃんたちも話が盛り上がっていて、なんか楽しそうな雰囲気でした。このワイナリーはツアーもあるようですが、英語で専門的なこと説明されても理解は無理なので、普通に飲んで終わり。ショップもあって、高いものからお手頃なものまでたくさんのワインを売っていますが、正直決して安くはないですね。

WINERYそしてしばらく田舎ののんびりした雰囲気を味わった後、いよいよサンフランシスコに向けて出発です。田舎道をひたすらにドライブ。でも車の流れも順調で、快適なドライブでした。サンフランシスコに入る前には少し海側に出てみて、ふもとからゴールデンゲートブリッジを見上げます。デカい。なにしろこれが、1937年に完成したというのだからなおさらすごい。昭和12年ですよ。おいらの両親ですら生まれていません。重機もないようなその時代にこんな巨大なものを・・・。人間は本当にすごいですね。

CABLE CARで、サンフランシスコ市内ではケーブルカーと並走したり、急こう配の道路を走りました。ロンバートストリートのぐねぐね道を走った時には、「nice car!」と声をかけられたりしつつ、時間なので空港へ。珍しく出発2時間前に空港に到着し、余裕をもってチェックイン。日本航空1便で帰国しました。羽田着なので楽ちん・・・のはずですが、飛び石連休があったせいか、羽田の税関は大混雑。普通に荷物が出てくるまですごく待たされ、出てきたところで税関で行列し、おいらの自宅近くに直行するバスには乗り遅れました。やむを得ず空港バス〜深夜バスで乗り継ぎで帰宅。あっという間のアメリカ旅行ですが、時差ボケになる前に帰ってきた感じで、意外と体への負担も少なく楽しめました!

kenjiz at 23:14|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年03月19日

ヨセミテ国立公園

WAFFLE今朝は早目に6時頃起きて、モーテルの朝食をとります。そこには初めて見るワッフル焼き機が!自分で作るのですが、まず鉄板に油をスプレーして、そこに生地をたっぷり載せてふたをします。で、くるっと180度回転させると2分半のタイマー開始。アラームが鳴ってからふたを開けると、見事にきれいなワッフルが出来上がっています。バターとメープルシロップをたっぷりかけていただくと、ウマー。安モーテルでこの朝食はポイント高いです。

iPhone naviで、荷物をまとめてチェックアウト。また車にPCカーナビをセットしますが、ダッシュボードにPCを置くのは邪魔だししっくり来ません。で、ひらめいたのですが、iPadからリモートアクセスすれば良いのですよね!e-mobileを自動接続OFFにして無線LANAP代わりにして、PCやiPadを接続します。そしてiPadのリモートデスクトップ接続アプリからつないでみると!見事にMapPointの画面がiPadに表示されました。デジタルスピードメーター付きです。ちなみにiPhoneの画面に映すことももちろんできて、その場合はメーター内に埋め込みも可能♪ていうか、アメリカなら普通にiPhoneのカーナビソフトとかありそうですけどね。

YOSEMITEところで140号をヨセミテに向かい、マリポサという公園の手前の道を抜けると、もうかなり周りが雪景色になっています。木々が真っ白に雪化粧されて、かなり美しい!そして公園の入口ゲートに到着すると、路面コンディションはR2ということで四駆じゃない車はチェーン必須。

CHAIN一応、入ってすぐのところにチェーン屋がいて、$80からで売ってました。ちなみに取り付け代行は$40、取り外し代行は$20です。既に大勢の人が待っていて、後ろからは大型バスまでチェーンを買いに来る始末。こりゃあ値段も高すぎだし、ということでおいらたちはいったんマリポサに戻ってチェーンのレンタル屋を探します。まずビジターセンターに行くと、ちゃんとチェーンのレンタル屋の地図が用意されていて、それをもらって店に行ってみました。レンタルは$55で、返却したら$15戻るという話だったので、とりあえず借りて再びヨセミテへ。ところが日も上がってきてゲートに着いたころにはチェーン規制は解除されていました。チェーンは保険となりました。とはいえ、中は雪が多く十分注意するようにとのこと。確かに車の外気温度計は0度で、ほとんど圧雪路面のところも結構あります。

YOSEMITE今日は決して晴れの天気ではないのに、青空も見えるくらいで、大きな岩が見事にそびえたっているのがよく見えます。滝も、数は少ないですがいくつか流れ落ちていました。人も少ないので、静かでいい感じです。ムスタングはオープンにして、景色を丸ごと楽しみます。

YOSEMITE何か所かで写真を撮ったりして、ビジターセンターで歴史の映画も見てみました。無料で日本語ガイドのヘッドフォンを貸してくれます。そして見晴らしの良いところでランチタイム。なんていうか、景色のスケールが大きすぎて何とも表現しきれません。

DominoPizzaそして日も影ってきたのでヨセミテを後にします。チェーンを借りたので同じルートでマリポサへ戻ります。チェーンは結局使わなかったよ、って言ったらなぜか$30くらい戻って来ました。しかも値段が端数で、よくわからない料金設定です。で、今日の宿はバカビルというところ。巨大なアウトレットモールがあるところです。140号、99号、12号と走って到着。夕食は、近所のドミノピザ。何かクーポン無いの?って聞いたら3トッピングでミディアムサイズ(12インチ・30cmくらい)が$7だそうです。迷わずそれで。焼き上がりを待つ間にガソリンを入れに行って、ピザを受け取ってモーテルで食べて、寝ました。あっという間ですが明日は帰国です。

kenjiz at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年03月18日

とりあえずソウル

今日はJL91便でひとまず羽田からソウルへ行きます。今日はJL91便、JL94便、JL2便と乗り継いで最終的にサンフランシスコに行くわけですが、荷物のチェックインでちょっと手間取りました。カウンター嬢は最初から2便の預け荷物として処理しようとしますが、結局うまくいかず3フライト通しで預けることになりました。単純往復のチェックインは簡単でしょうけど、乗継が入ると結構ダメな人多いですよね。もうちょっとスキルを上げてもらいたいところです。そして今日の91便は機材変更が入りました。なんでも雷に打たれて整備になったらしく、急遽国内線機材を使うことになったため、まずオールエコノミー扱い。クラスJシートはありましたが、ビジネスにはしなかったようです。そして免税品の販売は無し。それから機内食の搭載もできないとかで、入口ゲートで弁当を直接手渡しでした。これは初経験でした。

MAXcoffeeで、金浦に到着してからAREXでソウル駅に移動します。地下鉄ホームではMAXコーヒーが60円くらいで売られていました。千葉茨城地方限定品が出世したものです。で、地下鉄でとりあえず明洞へ。お店をいくつかぶらぶらして、昨日予約していたNANTAのショーを見に行きます。おいらは数年前に韓国の友人に連れて行ってもらったことがありますが、今回は嫁を連れて行こうというわけ。プログラムは所々変わっているところもありましたが(あるいは私の記憶が薄れているのか)いずれにせよ嫁は笑って泣いて大騒ぎでした。とても楽しめたようです。それからそのままいつものマッサージ屋へ。で、終わるといい時間なのでまた金浦に戻ります。その頃おいらは前日の睡眠不足が祟って気分が最悪。AREXの中で寝てしまったのですが、嫁までつられて寝てしまい、金浦を寝過ごし!雲西でUターンするものの、空港のカウンター到着は出発の25分前。普通なら完全アウトですが、海外空港ということもあり手続きしてもらえました。

NANTAそして羽田に戻ってきて、一眠りしたりシャワーをしていたらもう2便の搭乗時刻。今回は2日前に予約を入れたため、2便の座席は横並びが無く窓側の前後に2席となっていたのですが、どうにか調整してくれたようでラウンジで呼び出しがあり、10HKの2席を頂きました。最後列で降機は少し遅くなるものの、人通りもなく快適な場所です。で、離陸後は速攻でシートをフラットにして寝る体制です。まだ体調は微妙だったのでバファリンだけもらって横になったら、気付いたら寝ていました。

Mustang目が覚めると着陸まであと90分と言ったところ。お茶漬け・明石焼き・フルーツ・アイスクリーム・オムレツと立て続けに食べまくって着陸態勢へ。無事にサンフランシスコ国際空港に到着し、エアトレインに乗ってレンタカー駅まで移動します。今回予約したのはムスタングのオープンカー。冬のヨセミテに行くので四駆のSUVと迷ったのですが、あの風景をオープンで楽しみたいのもあり、今回はスポーツカーとしました。まだ2000マイルくらいしか走っていない新しくて赤いムスタングですが、キーを入れるとメーターがくるっと踊ったり、室内のムード照明の色を変えられたりと演出までしています。

まずはレンタカーの駐車場で昨日準備したPCカーナビのセッティング。車載インバーターをセットして、GPSをルームミラーのところに取り付けて、PCでMapPointとGpsGateを起動します。行先を設定していざ出発。まずは近くのWAL★MARTに寄っていろいろと買い出し。ミネラルウォーターとかお菓子とか、簡単な土産物など。狭いムスタングのトランクは既にいっぱいです。そしてしばらく走り、今度は夕食。IN-N-OUTに入りました。そして今日の宿はマーセドというヨセミテの玄関になる街です。宿代は$55という安さですが、部屋はまずまず。時々人の声はするものの、基本的に静かで何よりです。周りがうるさいと最悪ですからね。で、40時間にわたった日曜日は終わりました。


kenjiz at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年03月17日

アメリカでのカーナビ

以前はアメリカに行くたびに必須アイテムにしていたNeverLost(アメリカのレンタカー会社Hertzの車についているカーナビ)ですが、最近オプションを外しています。使いこなせば便利なのはわかるのですが、だいたい1日1000円くらい追加にかかるのはちょっと高すぎ。毎回数千円払っていると、トータルでは自前のナビが買えそうな勢いです。で、一昨年のハワイや昨年のシアトルではiPhoneやiPadをナビ代わりにしてみたいのですが、現在地が分かるという点では十分に優秀なものの、あと何キロ走ればいいのかはわかりませんし、だいたい3Gローミングはお金がかかります。最近は海外定額になったものの、ネバーロストの代金を節約した意味が無くなります。前回は事前に行くところの地図をiPadにWiFiでキャッシュさせておいて機内モードで通信させずにドライブしたのですが、おおざっぱな地図しか出てこなくてどうもしっくりきません。で、今回は数年前にも一度試した、MicrosoftのMapPointという地図ソフトを使ってみることにしました。60日間の無料トライアルがあるので、短期の旅行には十分です。で、久々にGPSレシーバm-241を引っ張り出しましたが、USB接続しても認識しません。TeraTermでシリアルポートを直接たたくと、GPSからデータが流れてきていることは確認できました。どうやらMapPointはNEMAv2対応で4800bps、m-241はNEMAv3対応で38400bps対応というのが問題らしいです。MapPointの設定変更を探しましたが無し。誰かがパッチを作ってくれていないか探しましたが見つからず。あとはシリアルのボーレート変換ソフトがあれば良いのですが・・・と思ったら、ありました。名前もGpsGateです。シリアルのボーレート変換なのでなにもGPSという名前を付けなくてもいいと思いますが、作者も同じことで困ったのかもしれません。しかもこのアプリ、複数の仮想シリアルに出力を同時に出したりもできます。まぁおいらはそこまで必要なく、GPSレシーバからの38400bpsを仮想ポートに4800bpsで出力して、MapPointでその仮想ポートを指定すると、見事に現在地が表示されました。ということで、今回はこれをカーナビ代わりにしてみたいと思います。

kenjiz at 23:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年03月16日

ベルギーからサンフランシスコへ

今日の金曜日の夜から旅立とうと思っていたおいらですが、どうしても帰りのロンドン〜成田間の空席待ちが回って来ません。仕事が忙しく、航空会社へのPUSHの電話が足りなかったせいかと思われますが。嫁に、「帰りの席は無いけどとりあえず行こっか!」と言ったら渋られたので、仕方ないので昨日からWebサイトで予約照会しまくって、どこか空席がありそうな便を探します。でも、日本が飛び石連休のためか、どこもほぼ満席。JALの業績が急回復しているらしいですが、予約のコントロールがだいぶ上手になってきたようです。でも便が少ないですよね・・・。ヨーロッパなんか、フラッグキャリアのJALがロンドン・パリ・フランクフルトの3か所だけですよ。昔みたいに、アムステルダムとかローマとかミラノとか、飛ばしまくっていたころに比べたら、747も退役したので供給座席はかなり減っているものと思います。そして当然空席は無し。アジアやオセアニアも、ほぼ満席。アメリカもかなり埋まっていましたが、羽田発のサンフランシスコ行きに若干の空席を発見。といってもどちみち今日の出発は無理なので、明日以降で探しますが、発券用の韓国往復ですらほぼ全便満席という有様です。仕方なく組んだ予約は、

3/18日
JL91 東京羽田8:25/ソウル金浦11:00
JL94 ソウル金浦19:20/東京羽田21:25

3/19月
JL2 東京羽田0:05/サンフランシスコ18日17:30

現地2泊

3/20火
JL1 サンフランシスコ19:05/東京羽田22:20

という旅程です。電話での調整は必要でしたが、往復ともにビジネスクラスへのアップグレードも確保できました。ところが、いろいろと困難が降ってきます。

困難1.韓国発券JALアメリカ行はルールが変更になっていた
値段がだいぶ上がっていたのも驚きましたが、ストップオーバー2回無料で日数制限がなくなったのは朗報。しかし!予約変更に約1万円必要という鬼畜さです。アメリカ行き運賃だけなのですが、なんでもアメリカン航空のルールに合わせたとか。。。つまり、最後の東京ソウル間の旅程を事前に決めておかないと、しかもキャンセル待ちではなく予約を確保しておかないと、料金がかかってしまいます。うーん。

困難2.出発前日になってキャンセル待ちのロンドン〜東京間の席が取れた
これはいくらなんでもJALも何を考えているのだか・・・。まぁ前日にキャンセルした人がいて回ってきただけかもしれませんが、以前より、席が取れたらすぐ発券するといっていたにも関わらず、ずっと席を回してくれなくて前日になって「用意できました!」なんて言われてもね。。せめてもう1日早ければその旅程で発券したのですが、今回はすべてキャンセルしました。

困難3.これも「1」と同じですが、ルール変更の影響
韓国発券は最低滞在日数が無いのがよかったのに、いつのまにかに3泊以上なんてルールができてました。今回は2泊の予定なので、値段がまた50万ウォンほど上がりました。勘弁してください。

ということで、結局JALの思う壺のような気もしますが、夫婦2名分で450万ウォンで発券しました。ちなみにアップグレードポイントは昨年分と今年分がちょうど同時に使える時期のため、8×4で32ポイントを一気に消費しました。というわけで、日曜日は日帰り韓国、月曜日と火曜日はカリフォルニアを楽しんできたいと思います。でもベルギーに行きたかったな。

kenjiz at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年03月13日

高速なWAN回線

今月の頭から、うちの会社のメインのWAN回線を高速化しました。広域イーサなのは変わらないのですが、データセンタは300Mbpsにして、本社や主要事業所は100〜200Mbpsで接続しています。100Mbpsなんて結構あっという間に食いつぶしますからね。といっても、だいたい帯域を消費しているのはWindowsUpdateとか、ウイルス対策ソフトのパターンの配布とか、休み時間のみんなのWebアクセスです。WindowsUpdateはWSUSを使っていて一元管理しているため、1台のサーバからパッチを配布しています。そのサーバの性能が良すぎるせいで、帯域を絞らないとあっという間にWANを食いつぶします。ちょうどWSUSはIISを使っているので、IISの機能で帯域制限が可能です。おいらの手製の10秒単位でのトラフィックモニタのグラフをにらみつつ、流量を調整したりすることもあります。WANを食いつぶすのは避けいたいけど、パッチは早めに配布したいという相反する課題をうまく解決しなくてはいけません。

広域イーサの問題は、帯域が足りない時に網内でパケットロスが起きること。まぁこればっかりは仕方ないのですが、各拠点でシェーピングしても、結局どこかの拠点にトラフィックが集まってしまうと網内で落とさざるを得ず、それが重要なパケットだったりすると、基幹系の担当者が右往左往し始めます。きっちりと帯域管理をするには、IP-VPNでハブアンドスポーク型の方がいいのかなあ?と思ったりもします。WANって、設計難しいですよね。ちなみにLANは、末端まで1Gbpsで期間はチャネルを組んで4Gbpsの帯域を確保しているので、食いつぶせるものなら食いつぶしてみろっ!的な感じです。まぁでも、PCもSSD搭載とかしてるとネットワーク経由のファイルコピーで1Gbps近い数字が出ることもあり、うかうかしてられません。今後、ネットワークはどのような進化を遂げるのか、興味津々です。

kenjiz at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)IT 

2012年03月07日

ベルギー?

3月になって年度末が近付き、忙しさが増してます。なんで毎年こうなるのか、来年度こそは前倒しで実行するぞ〜。といっても人的リソースが限られているのが厳しいです。今年から休職に入っているメンバーがいるので、その穴埋めになる派遣さんをいま探しています。ですがなかなかマッチする方はいないですよね。というわけで、面接、いえ打ち合わせを繰り返しています。

ところで今月で消えてしまう休暇を消化するため、旅行プランを考えました。あと、やはり今月末で消えてしまうJALアップグレードポイントの消化のためでもあります。ちなみに休暇を消化とか言いながら、カレンダー上では休暇を1日しか取らないスケジュールです。おいらも社畜ですな・・・。そしていつもの韓国発券です。

3/16金
JL95 東京羽田19:45/ソウル金浦22:20
3/17土
JL950 ソウル仁川8:00/東京成田10:20
JL401 東京成田11:45/ロンドンヒースロー15:25
BA404 ロンドンヒースロー17:40/ブリュッセル19:50

現地2泊

3/19月
BA397 ブリュッセル15:40/ロンドンヒースロー15:50
JL402 ロンドンヒースロー19:00/東京成田3/20 16:00

行先はなぜかベルギーです。おいらは全く興味はないのですが、嫁が以前より行きたいと言っていたので、たぶんチョコレートとか食べて終わりそうな気もしますが、まぁそれで良いとします。ちなみに行きの東京〜ロンドンはアップグレードが取れていて、帰りのロンドン〜東京はアップグレード枠があるにもかかわらず、エコノミー席が取れません。キャンセル待ちプッシュ!です。

kenjiz at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)旅行 

2012年03月05日

WindowsNTドメイン

おいらの会社のWindowsドメインコントローラを2003から2008にアップグレードしたのは先日書いた通りですが、それ以来WindowsNTとの信頼関係が壊れてしまいました。おまけにWINSを廃止したら、名前解決が混乱するという有様。いまどきWINSなんか使ってる端末ないだろうと思っていたら、どっこい、結構ありました。それにしても、社内にいまだにWindowsNTサーバが残っていたのはびっくりです。ちなみに、NTと2008の信頼関係で問題が起きるのは、このサポート情報が原因のようです。

Windows NT 4.0 ベースのコンピュータで Netlogon サービスを使用して Windows Server 2008 ベースのドメイン コントローラへのセキュリティ チャネルを確立しようとすると処理が失敗することがある
http://support.microsoft.com/kb/942564/ja

ただ、検証の時間もないので、急遽2003サーバを再立ち上げして、FSMOを2003へ切り戻すという方法で復旧させました。あとNTから2003のドメインコントローラを見つけてもらうために、久々にlmhostsも書いちゃいます。
192.168.0.1 OLDDOMAINCONT #PRE #DOM:ACTIVEDIRECTORY

こんな感じです。とりあえず信頼関係はこれで復活。そしてWINSの名前解決ですが、結局今まで使っていたWINSを再立ち上げして、解決。なんだか10年以上前のNTサーバ1台のためにこの手間は参りました。でも、さっさと潰しておかなかったのが悪いといえば悪いのです。今でも結構残っているんですかね?NTドメイン。さすがにもう無いか・・・。

kenjiz at 23:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)IT