2020年05月06日

Train Station 2

STAY HOMEするのに最近 Train Station 2 というゲームにハマっています。ただ、日本語の攻略サイトとかが皆無。なんでなのかなーと思っていたら日本語に対応していないからでした。まぁ見てればだいたいは分かるとはいえ、やはりこのゲーム独特のルールもあるので参考情報として書いておきたいと思います。

●基本ルール
鉄道を使って材料を集め、加工し、納品する。ひたすらその繰り返し。指定された数の納品が完了するとポイントがもらえて、それで鉄道のラインナップを拡充したりアップグレードしたりする、というしごく単純なゲームです。
注意点としてはグラフィックがなかなか綺麗なのですが実はゲームの進行には何の関係もなく、私も最初は同じ行先に大量に電車を走らせると混雑して遅れるな、とか、行き先は分散させた方が速く片付くかな、とか思ったこともありましたが全く関係ありませんでした。画面上で電車が走り終わらなくても所定の時間がたてばちゃんとミッションは完了する仕組みです。

●通貨
他のゲームと似た感じで、GEM・COINそしてKEYの3つがあります。GEMは課金で買うもので主に時間を進めたり、アイテムやCOINを購入します。COINはアイテムを購入したりアップグレードに必要です。KEYは購入できず、車両を買う際に使用します。いずれも課題を達成した場合等に少量貰えますので無課金でもなんとかなります。

●ショップ
買い物かごマークをタッチするとショップに移動します。
・SALE・・・課金者向けのアイテム購入
・DAILY OFFERS・・・日替わりで車両やパーツが安く買えます。広告を見ることで若干パーツがもらえます。
・TRAINS・・・日替わりで無料でパーツがもらえます。広告を見ると2倍。KEYやGEMSを使って車両を購入できます。
・DISPATCHERS・・・同時にどれだけの車両を稼働させることができるかはDISPATCHER次第です。広告を見ると1時間1人増やせますし、GEMを投入すればさらに増やせます。

●車両
まずRegionごとに車両が分かれていますが最初はBRITAIN Regionのみです。そして車両には4種類あり、
1.LEGENDARY(金色)最長60両
2.EPIC(紫色)最長45両
3.RARE(水色)最長30両
4.COMMON(灰色)最長20両
の4種類があり、それぞれ蒸気機関車・ディーゼル機関車・電気機関車の3種類があります。なお最初のBRITAIN Regionは蒸気機関車のみです。KEYを集めてガチャを回して新車両をGETできます。新車両をそろえつつ、パーツを使って車両をアップグレードしていきます。パーツにもLEGENDARY・EPIC・RARE・COMMONがあり、アップグレードに必要なパーツの数はそれぞれ決まっています。なおガチャを回していて同じ車両が2つ、3つと増える場合もありますが、2つ目以降の車両は解体(DISMANTLE)して、他の車両のアップグレードパーツにすることもできます。
同時に使える車両の数はDISPATCHERの数で決まっているので、やたらと車両を増やしても使う機会はありません。4種類それぞれ2両ずつあれば十分です。なのでアップグレードは特定の車両に集中的に行って1度に運べる荷物の数を増やします。なお2つ目のGERMANY Regionからは蒸気・ディーゼル・電気の種類も増えてくるので、ある程度の車両の確保は必要です。

●課題
重要なのは課題です。材料を集めて、加工して、納品します。最初の課題は加工せずに集めたものをそのまま納品するだけのものもあります。画面を見ていると、集めた材料をそのまま納品してくれてよいようにも感じますが、そもそもこの画面はおまけなので実際のゲームの進行とは関係ありません。まずは材料集めですが
・BRITAIN Region
COAL MINE(石炭)
IRON ORE MINE(鉄鉱石)
・GERMANY Region
OAK WOOD(オーク材)
COPPER MINE(銅鉱石)
へ列車を走らせ、材料を集めます。集めた材料はすべて「YOUR STATION」という自分の街に集められます。YOUR STATIONには工場があるので集めた材料を加工して新しい資材を作ることができます。石炭30と鉄鉱石10で鉄を40作る、といった感じです。そして、作ったものを列車に積んで納品先へと走らせます。指定の数量を運び終わるとポイントがもらえて、街が拡大したりして、また新しい課題が出てきます。あとはひたすらこの繰り返しです。
このYOUR STATIONはRegionが違ってもすべて共通なので、すべての材料は同じ場所に集められ、同じ場所から運ばれて行きます。

●その他
YOUR STATIONには街があり、街をアップグレードすると人口が増え、人口が増えると倉庫を拡張できます。倉庫を拡張すれば材料をため込みやすくなるので加工・納品しやすくなりますので、レベルアップのスピードも上がります。この繰り返しでレベルアップしていきます。
街のアップグレードには青・赤・黄の地図が必要な場合があります。地図は港の課題を達成すればもらえます。港の課題とは、指定の資材をそろえて船を出発させるだけです。
Regionが発展するとCOINがもらえる街が出現します。3時間に1回、COINを回収しに列車を走らせられますが、列車の車両数に応じてCOINをGETできます。当然、一番長い列車で回収に行きましょう。

●攻略のコツ
最初はとにかくパーツを集めて列車をアップグレードすること。10両の列車と20両の列車は効率が2倍です。特定の車両をアップグレードして一気に運ぶのがコツです。当然、COMMON車両は20両しか増やせませんがLEGENDARY車両は60両まで行けますので、パーツの在庫を見ながらどれを育てるのか決めていきます。

あとはやるのみです!

kenjiz at 23:33|PermalinkComments(0) 余談 

2020年04月30日

在宅勤務

新年度もアッという前に1か月経過しました。今月末に私の部署は2名退職するのですが、1名はここ10年で初めての正社員の退職者を出してしまいました。まぁ元々縁故採用の社員だったのでちょっと特殊事例ではありますが、同世代と比較すると相当出世が遅れていて昇格試験も何年も合格できず・・・やっぱり縁故採用って本人を幸せにしないですよね。もしかしたら会社によっては入社後も特別扱いが続くのかもしれませんが、そうすると今度は回りが不幸になりますしね。なかなか難しいところです。

もう1名の退職者は派遣さんですが、こちらも珍しく先方から契約終了希望でした。20代前半の女性ですがよくよく話を聞いてみたところ、やりたいことが見つかったと、そしてこれから学校に通いたいんだと、そういうわけでした。頭がよく呑み込みも早く、長身の美人というハイスペックで当然続けてもらいたかったわけですが、じっくりと話を聞いて夢に向かって行きたいと言われたら、まぁ応援するしかないという感じです。ちなみに学費はフルローンで行くらしく、若さってすごいな!と感心してしまいます。

ちなみに4月頭から正社員も派遣社員も交代の新人が入社しており、4月の引き継ぎ期間中は人が増えたわけですが、在宅勤務も大々的にやったのでオフィスは閑散としたまま。どうしても出社せざるを得ない場合のみ出社を認める、という形にしているのですが、家では仕事は無理!という1Kに住む独身男子と新人+新人を指導するメンター役の社員のみが出社し、あとはみんな在宅勤務という感じです。私の部署はみんなノートPCに加えてデスクトップPCも貸与しているのですが、デスクトップPCにはみんなWQXGAの27インチディスプレイを2枚つなげているので画面が広大、それがノートPCになると効率激落ちという弊害はあります。

ちなみに他部署の社員は、ノートPC持っている人はそれを持ち帰り、無い人は自宅PCからリモートデスクトップ接続で会社のデスクトップPCにつなげるという方法でやりくりしています。VPN装置はたまたま同時数万接続OKのハードウェアだったので、緊急用の同時接続制限撤廃ライセンスをベンダーに提供してもらい、普段の数倍の社員がVPNを使っています。会社によっては数万人の社員が1000接続しかできないVPNを早い者勝ちで使っているというところもあるらしいですね。同時接続制限撤廃ライセンスとはよく考えたものです。ちなみにベンダーとの交渉の結果、追加ライセンス費用はかけずに無償提供してもらっています。今の状況を見ると少なくとも半年、ヤバければ1年はこの勤務形態続きそうですね。

kenjiz at 23:55|PermalinkComments(0) 余談 

2020年03月27日

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスでえらいことになっていますが、私の会社も私と同じフロアに感染者が出まして、しかも他事業所から出張で来て打合せした人が感染したまま持ち帰り、その他事業所でクラスタ発生するというまぁまぁな状況となりました。業者さんにオフィス内の消毒に入ってもらったわけですが、写真付きの報告もらいましたけど防護服着て机とかひたすら拭くようですね。残存ウイルスの危険性も良く判りませんが、当然拭き残しとかもあるでしょうしどこまで実効性があるのだろう?という感じではあります。

社内通達では出社したくない人は特別休暇、可能な人は在宅勤務や時差通勤を選択可能、ということだったのですが、私の部署は早々に可能な人はみんな在宅勤務するように指示出しました。まぁ元々IT部門ですからノートPCは当然全員持っているし、フルスペックPCを配布しているおかげで全ノートPCにカメラも付いています。zoom社から無償提供を受けたアカウントでビデオ会議をしていますが、噂通りつなぎやすさも音質・画質もGOODですね。ただやっぱりクレカ決済前提なのがなんともうちの社内ルールでは扱いづらく、無償提供期間を過ぎて使い続けるかどうかは微妙なところです。

ちなみに4月からの新しい組織も発表され、私のボスが5年ぶりくらいに変わることになりました。新ボスとこれまで同じ部署だったことは無いのですが、以前は何回も一緒に海外出張行った相手なので知らなくもない間柄です。ある取締役から聞いた話ですが、その新ボスと私がうまくやっていけるか経営会議でみんな心配してた・・・ということだそうですが、だいぶ誤解されているようです。私は理不尽な奴とか自分のことしか考えていない奴は徹底的にやっつけるのですが、会社全体のこと考える人とは意気投合しますので、ボスが変わるというのは一大事ではありますが私自身は不安よりも期待が大きいといった感じです。さてどうなることやら!

kenjiz at 23:40|PermalinkComments(0) 余談 

2020年02月20日

帰国

LAでの仕事は無事に終わり、目的もほぼ達成して帰国しました。新型コロナウイルスの騒ぎもだいぶ大きくなっていて、帰国の翌日に会社は出張禁止通達を出しました。今回はぎりぎりセーフでしたが、当面は行けないでしょうね。ところで帰国前にまたいろいろと大量に土産を購入し、段ボール箱とガムテープで即席スーツケースも作って何とか空港カウンターまで持ち込みました。JALは昔はチェックインカウンターで無料で段ボール箱をくれたものですが、一度経営破綻した頃にそのサービスも無くなってしまったのでちゃんと事前の荷づくりも必要です。あと、久々にLAXのカンタスのファーストラウンジにも行きましたが、そんなに混んでない上に客層も悪くなく意外と快適。食事はビュッフェではなくレストランのようなオーダー形式ですが、待ち時間は増えるけどこっちの方が良いですね。さて、次に出張に行けるのは何か月後か・・・という感じですね。

kenjiz at 23:39|PermalinkComments(0) IT | 旅行

2020年02月12日

西海岸バケーション

IMG_9053LAではビーチに行ったり、友人とアナハイムのディズニー・・・ではなくPacking Districtに行ってみたり、別の友人宅にお邪魔して大きく成長した子供たちと久々の再会をしたり、と旧交を温めることができました。アメリカってハンバーガー以外にあまり美味しいものが無いイメージだったのですが、友人たちに連れて行ってもらうローカルレストランはどこも普通においしくて、意外といえば意外。はずれを経験しなくて何よりでした。

GoogleMapsLAエリアをかなり広範に走り回ったのですが、カムリのACCは大活躍。残念ながら渋滞対応ではないので速度がかなり落ちると解除されてしまうのですが、でも流れている間は追突の心配なくボケーっとしてるだけでどんどん距離を稼いでくれるのでとても便利です。あとApple Car Playも当然のようについていて、スマホを接続すればカーナビももちろんOK。車線数の多さが日本とかなり違いますが、車で自由に動き回れるというのは出張であることを忘れそうです。特に途上国への出張だと会社の車ですべて送迎されてしまうので自由に動ける範囲がかなり狭いのですが、アメリカだと自由!うちの奥様からLINEで買い物リストも届いたので、Walmartでの買い物もきちんと済ませました。明日からまじめに仕事です。

kenjiz at 23:43|PermalinkComments(0) 旅行 

2020年02月09日

米国出張

カムリ今週はアメリカ出張です。成田発のJAL便ですが、久々に成田のファーストクラスラウンジでお寿司やらパスタやらラーメンやら食べまくって、10時間のフライトを我慢して2か月前に行ったばかりのアメリカに再び入国。今回は30kg超えの大量の機材を持ち込んでいたので税関がちょっと心配だったのですが、ちょうどそのタイミングで私に負けないくらいの大荷物を持ったアジア系の兄ちゃんを発見。彼の後ろについていくと見事にもくろみ通り、彼は税関で捕まって開封検査へ。後ろに続いた私はそのままスルーでした。大成功。そしていつも通りレンタカーを借ります。噂ではLAのタクシープールが新設されたとかでかなり大混乱という話も聞いていたのですが、特に変わることもなくいつも通りハーツのバスを見つけて手を振って乗せてもらい、レンタカーオフィスについたら5 STARエリアで好きな車を選んでよいシステム。私はやはりACC(アダプティブクルーズコントロール)が必須なので、いろんな車をチェックした結果、結局無難なトヨタ・カムリを選びました。

IN-N-OUTそして空港からはIN-N-OUTバーガーへ直行。最近東海岸しか行っていなかったので、久々にこのハンバーガーを食べます。相変わらず店は混んでいるし、味もGOOD。ちなみに今回は内緒ですが滞在中の前半はバケーションで後半が仕事。到着日と翌日はLAの友人たちに順番に会いに行きます!

kenjiz at 23:34|PermalinkComments(0)  | 旅行

2020年01月27日

新型クラウン1万キロ

1万キロ正式デビュー前に予約して発売と同時に購入した新型クラウンですが、約1年半で1万キロに到達しました。前のクラウンは年間3000キロくらいしか乗っていなかったので、新型に買い替えてから確実に乗る距離や時間が増えています。以前だと会社の車に乗っていた時も、今は自分の車で出社したりとかです。やはり全車速ACCとLTAは強い。あと成田とかのド田舎にも車で行くことがあるくらいです。まぁ今後、社用車もACC+LTAがついているカローラツーリングやプリウスへと世代交代していくでしょうから、そうしたら無理に自分の車に乗らず以前のように社用車比率が高くなっていくような気もします。あと何年乗るかは全く決めていないですが、良い車です。

kenjiz at 23:21|PermalinkComments(0)  

2020年01月15日

SESAME mini

SESAME miniうちではしばらく前からQrio Lockを使っています。最初に初代機を購入したがドアが特殊形状のため取付できず、次にダメもとでモデルチェンジした2号機を買ってみたもの基本的には同じ。ただしちょっと無理すればなんとか動作する形で取り付けることができて、それ以降、嫁や友人たちとキーを共有したり、友人が来たときに2階にいながら玄関の鍵を開けたり、帰宅時のハンズフリー解錠とかAppleWatchからの解錠とか、いろいろ便利に使ってきました。ただ、やはり無理して取り付けている関係上、ちょっと出っ張りが大きくて、例えば荷物を背負っているときに背中でぶつけてしまいそうになります。

そしたらSESAME miniという小型モデルを発見。なんならこっちを使ってみようと買ってみたのですが、こちらはどう見ても添付のアタッチメントだと取り付け不可。3Dプリンターでアタッチメントを作ってくれるようなのですが、連絡したら詳細な寸法等が必要なようで、いまQrio Lockがついている状況だと正直なところ測定不可。だいたい今はまだ寒いし、玄関のドアを開けたまま採寸して写真撮って・・・というやる気が起きないのが正直なところ。というわけで取り付けは春までお預けとしました。SESAME miniのメーカーはその時もちゃんとアタッチメント作ってくれるでしょうか。いずれそのあたりもレポートしたいところです。

ちなみに今の時点で分かっている違いは、Qrio Lockはバッテリーが2組内蔵できるので、片方が電池切れになったら片側を入れ替える、という感じで交互に電池を使うのでバッテリー切れの心配がほぼ皆無なのですが、SESAME miniは1組しか内蔵できないので、ある日バッテリーが切れたら家に入れないという事態にもなりかねません。本体が小さいのは良いのですが、バッテリーはちょっと気になりますね。とかいって取り付ける前にQrio Lockがもっと小さなモデルを出したらどうしよう・・・まぁそうしたらまた買うまでです。

kenjiz at 23:17|PermalinkComments(0) IT 

2020年01月11日

コーヒー

コーヒー昨年末にアメリカで買ってきたコーヒー豆を挽きました。なんとも香りがたまりませんね。本当は飲むときに毎回挽くのが良いのでしょうけど、面倒なのでまとめて大目に挽いちゃいます。だったら電動ミル買えって話ではありますが、手回しでガリガリ挽くのもまぁ気分転換には良い感じです。

kenjiz at 23:01|PermalinkComments(0) 余談 

2019年12月28日

帰国

機内食あっという間のNY滞在が終わって帰国です。帰りは荷物がスーツケースにどうしても収まらず、ホテルのキッチンと交渉してリンゴ用の段ボール箱を譲ってもらって非常に助かりました。何とか荷物を詰め込んでホテルをチェックアウトし、増えた荷物もシボレー・エクスプレスに詰め込みます。朝の渋滞のなかをJFK空港に向かい、レンタカーを返却。エアトレインでターミナル1に移動してチェックイン。チェックインカウンターのおばちゃんはやたらと陽気で、何も言わずとも全員の荷物にプライオリティタグを付けてくれる気前の良さ。セキュリティを抜けたら搭乗開始直前だったので乗り込んでいよいよアメリカを後にします。

機内食帰りの機内食はもちろん和食をチョイス。昔は洋食ステーキ一択でしたが年を取ると自然と和食を選ぶようになります。もちろんウマーでした。しかし、その後のアラカルトはどれを選んでも微妙。カレーもレトルト臭がすごいしラーメンも麺がドロドロ。フルーツやアイスはもちろんおいしいのだけどそういう問題じゃないですよね。ただ最後にオーダーした和食セットはおいしい鯖味噌でした。やはりJALは和食に限るということでしょうか。でも食事ももっとグレードアップしてもらうことを期待します。

機内食

kenjiz at 23:19|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月26日

アメリカでの食事

LONGHORNSTEAKアメリカ滞在中の食事は、ファストフードやフードコートも多く使います。アメリカのレストランはとても時間がかかるしチップも考えると値段も割高。もちろん、それでもレストランには行くのですが、日本みたいに店員を呼びつけてさっさと注文してサクっと食べる、とはいきません。なので時間の余裕があるときに、ステーキとか食べるようにします。ステーキなら日本と比べても割高に感じないし、ウマいです。

SHAKESHACKあとファストフードは、西海岸ならIN-N-OUTバーガーですが、NYのような東海岸であればSHAKESHACKです。マックとかよりは割高ですが肉がウマいです。アメリカ旅行中は体重増を覚悟でいろいろと食べます!

kenjiz at 23:01|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月23日

ナイアガラ滝

アメリカ出国今日はナイアガラに向かいます。毎度のことですが車でです。飛行機での日帰りツアーは400ドルとかしますけど、車で行けばせいぜい一人20ドル程度。ただ今回は車が12人乗りで運転できるのが私しかいなかったので、一人での往復は安全のために避けました。途中のレンタカー屋で乗用車を2台借り、そこからナイアガラまでの往復は私以外のメンバーに運転してもらいます。レンタカー費用は2台で200ドル程度、一人当たりは30ドル行かないくらいです。

ナイアガラナイアガラに到着してアメリカ側を歩き回ったら、国境を越えてカナダへ渡ります。カナダの入国審査はまとめてやってくれたので楽ちん!滝を見て食事をして夜のライトアップまで十分楽しんで、また乗用車で元の場所へ。夜遅くに12人乗りシボレー・エクスプレスに乗り換え、近くのホテルに泊まります。長距離移動ではありますが、やはり滝を見に行く価値はありますね!

kenjiz at 23:58|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月22日

NY滞在

NYC約1年ぶりのNY滞在で、久々に友人と会ったり、自由の女神を見に行ったり、メトロポリタン美術館や自然史博物館を訪問したり、買い物したりと忙しくしています。まぁ行ったことある場所ばかりですが、大勢のメンバーと行くのもまた楽しいものです。明日はナイアガラに行きます!

kenjiz at 23:46|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月20日

12人乗りレンタカー

シボレーエクスプレス今回のニューヨークは9人ツアーだったので、バラバラに移動すると面倒なことになるのでレンタカーにしました。ただ、9人となるとちょっとハードル高いです。たいていのレンタカーは3列シートでも7人乗り、一応レンタカー会社のサイトのラインナップには12人乗りがあるのですがほとんど予約できず。2台に分けるか1台にするか迷ったのですが、運よく12人乗りが予約できたので今回は1台で行動することにしました。で、ハーツのサイトに掲載されている12人乗りはフォード・トランジット。なかなか大きくて快適そうだなーと思っていたら実際に止まっていたのはシボレー・エクスプレスでした。どっちかっていうと貨物用な見た目ですが、一応室内は広々していて、リアシートにヘッドレストが無いこと以外はまぁまぁの車です。9人と9人分の荷物を積むとちょうどいっぱいいっぱいという感じです。

エンジンはおそらく4LくらいのV6ですがまぁ十分なトルクです。とはいえ、上まで回してもうるさいだけで大して加速しないので、トルクでスピード上げていくタイプ。シャシーはがっちりしているので路面の荒れたNY市内の道路でも安心して突破できます。コリジョンアラートがついているのでフロントにセンサーがあるようですが、オートクルーズは定速のみ。追従クルーズができたらだいぶ楽なのですがそれは残念でした。でもまぁ、1週間ほどこの車と付き合うことになります。



kenjiz at 23:28|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月18日

JL4便

JL4NYに無事に到着しました。今回乗ったのはJL4便、ニューヨーク行きは成田発と羽田発のダブルデイリーになったわけですが、歴史ある6便・5便は羽田発着便になり、成田発着便は4便・3便となりました。確か以前シカゴ線で使われていた便名です。昔の4便・3便はファーストクラスの設定が無く、ビジネスクラスの予約でファーストのソロシートに座ることができたので愛用していました。非常に懐かしい良い思い出です。

JL4今回は普通のビジネスクラスですが、もちろん個室フルフラットのSKYSUITEです。大昔、スカイスリーパーと呼ばれるJALのファーストクラスシートで初めて太平洋横断したときは水平のベッドに寝ながらおもわず笑顔になってしまった記憶がありますが、今や普通にビジネスでもフルフラットということでとても快適。食事もおいしいステーキを機内で炊いたご飯と一緒に掻き込みながら大満足。ただ、2回目以降のアラカルトメニューは年々コスト削減が響いているような気がします。もうちょっとおいしいメニューをそろえてほしいですね。

kenjiz at 23:07|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月17日

NY旅行

JL4年末が近い今ですが、休暇を取ってNYに出かけることにしました。しかも今回は大勢9人ツアーです。とはいえ若者2名は旅費を節約して中国国際航空で北京経由、あとの7名はJAL直行便でNYに向かいます。北京経由にするとエコノミー往復で5万円違うので大きな差ですが、席も狭く時間も長いですからね。しかも2名の若者は早朝羽田発に備えて前日から羽田空港のロビーに宿泊するというバックパッカー並みの機動力を発揮!ありえんだろ・・・と思いながらも、LINEで届く「席を確保しました!」「電源確保しました!」「テーブルも確保しました!」の報告を見ながら前夜は眠りにつきました。

サクララウンジで出発当日、7人で成田でチェックインして裏技も使って全員でサクララウンジへ。みんなでシャワーの予約をしたのですがあいにく混雑していて全員が浴びることはできずに機内へ。これから長旅です。

kenjiz at 23:59|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月12日

大阪のホテル

大阪一時の高騰が収まってちょっとリーズナブルになりつつあるような気もする大阪のホテルですが、先日泊まったホテルは朝食ビュッフェにたこ焼きとか串カツとかが並んでました。さすが大阪・・・前日の残り物じゃないのと突っ込んでる友人もいましたが、流石は大阪です。今年は珍しく大阪出張が多い年でした。でも大きなプロジェクトも終わったので、しばらく行くことは無さそうです。せっかく出かけるならあまり行ったことない場所に行きたいですよね。仕事なので選んでられませんけど!

kenjiz at 23:47|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月09日

エアバスA350

A350今日はちょっと用事があって日帰りで札幌に行ってきたのですが、運よく新機材、エアバスA350に乗ることができました。まず目につくのは国内線なのに全席に個人用モニター。時代は変わりましたね・・・ただ、今やほぼ全員がスマホを持っていて、旅行となればタブレットだって持っている人が多いこの時代にそれを生かさない方法は無いと思うのですがどうでしょうか。個人用モニターより、電源とタブレットスタンドを装備してくれた方がずっとお金もかからず、使う側も良いと思うんですけどね。

A350とはいえエアバスはさすがに機内が静かで、クラスJは十分に広くて快適でした。エアバス独特の垂直尾翼上部からのカメラ映像もちゃんと使えます。現地での用事を済ませて帰りはフライトが1時間ほど遅延して羽田着が夜11時頃になってましたが、無事に自宅にたどり着きました。今後、B777が全部A350に置き換わるのでしょうか?飛行機なんて安全に飛べばよいと思いつつも、新しい機材は快適で良いですね!

kenjiz at 23:41|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月06日

空気質指数

AQIインドにいると空気質指数、AQIの話題が良く出てきます。日本で言うPM2.5の濃度みたいなものですが、PM10とか他にもいろんな要素が絡んでいる指数のようです。Wikipediaを見ると50以下が良い、100を超えると健康に良くない、ということなのですが、デリーは驚異の600越えです。実際に滞在していたのは先月中旬ですが、AppleWatchのメーターも振り切ってました。

ちなみにこのAppleWatch、最初は嫁のためにエルメス版を買ったのですが、アクティビティの共有をするためにはAppleWatchオーナー同士じゃないとダメということで結局私も追加購入したのでした。海外出張時にはタイムゾーンもiPhoneで簡単に設定できるし意外と便利です。とはいえ、時計をする習慣が全くない私にはまだ腕のうっとおしさは残りますけどね。

kenjiz at 23:31|PermalinkComments(0) 旅行 

2019年12月03日

インド出張

デリー今年2回目のインド出張に行ってきました。1年のマルチビザを取得していたので、ビザが切れる前にもう1回、というわけです。今回は現地の駐在員から、空気が凄まじく汚いからマスク必須!という連絡が来ていましたが・・・もう空港着陸前の時点ですさまじいスモッグ。入国後に送迎のお兄ちゃんと合流して空港ターミナル内を歩いている間も、建物内に霞がかかっているような状況です。車に乗り込んで街に出ると相変わらずのクラクション鳴らしまくり、割り込みしまくりの相変わらずのデリーでした。ちなみに現地人は大気汚染への体制があるのかと思ったら、送迎の運転手も思いっきり咳き込んでました。いやこの状況、確実に寿命が縮まります。

デリー翌日、ホテルから外を見るとやはり相変わらずのひどさ。デリーに1日いると、自動的にタバコ50本分のダメージだそうです。さっさと仕事を終わらせて帰りたいと思います。

kenjiz at 23:23|PermalinkComments(0) 旅行